ご予約はこちらから

他人に嫉妬しない考え方・方法・生き方とは?

他人に嫉妬しない考え方・方法・生き方とは?

岩田 昌樹

2021/10/31
2021/11/18

カウンセリング実績
2,000件以上

『 100% あなたの味方 』
聴きつくしカウンセラー
岩田 昌樹です。

\動画でもご覧いただけます!/

他人に嫉妬しない考え方・方法・生き方とは?
  • 会社の同期が、先に昇進した…。
  • 自分が欲しかった車やバッグを、友人が持っていた…。
  • パートナーがいて羨ましい…。
  • 楽しそうに談笑している友だちの輪に入れない…。

「人と比較しても仕方がない」と頭ではわかっているけれど、

なんだかモヤモヤする…。

嫉妬心を感じたくないと思っていても、意思に反して、自然とココロが動き始めてしまうのではないでしょうか?

職場、友だち、ネット上など、

人間関係に「嫉妬」は付きもの

ですよね。だから、他人に嫉妬しない考え方や生き方ができれば、どんなにラクな人生だろうと考えてしまいますよね。

今回は、人間関係にまとわりつく嫉妬心について、お話させていただければと思います。

▼【目次】他人に嫉妬しない考え方・方法・生き方とは?

  1. 嫉妬を認められるって、すごいこと
  2. 嫉妬はエネルギーの塊
  3. 嫉妬心と肩を組んで歩いてみませんか?
  4. 嫉妬は抑えれば抑えるほど、大きくなる
  5. 嫉妬心が伝えたい声
  6. 嫉妬心と会話して、共感してあげましょう
  7. 嫉妬心はあなたの味方

嫉妬心を認められるって、すごいこと

嫉妬心を自分で認めることって、難しいですよね。

「嫉妬心=自分は劣っている証」

と受け取ってしまうことも多いので、無意識に、嫉妬心から目を背けてしまいますよね。

そうやって目を背けたり、嫉妬感情

を否定してしまうと、そのモヤモヤした気持ちのやり場に困り、

「相手への攻撃」

「自分への攻撃」

にすり替わっていくケースが多いものです。

だから、もしあなたが、嫉妬心を自分でちゃんと認めることができているのであれば、そのことが何より素晴らしいと思いますよ。(このブログにたどり着いたということは、それだけで「嫉妬心」に気づいている証拠ですよね。)

素直に自分を見つめることができているということですからね。まずは「嫉妬心」に気づいている

自分をホメてあげてほしい

と、心から思います。

嫉妬心はエネルギーの塊

嫉妬心はエネルギーの塊

「嫉妬心」があるって、素晴らしいことだと私は思いますよ。それだけ、

生きるエネルギーとパワーが
満ちあふれている

ということではないでしょうか。

嫉妬心を抱いてしまう自分に対して、もしかしたら、

  • なんて心が狭いのだろう
  • わたしって性格が悪いなあ
  • あることないこと想像してしまう私ってどうなの?

なんていう風に、思っていませんか?でも、自己嫌悪に陥いる必要なんてないんです。

繰り返しますが、嫉妬心の裏側には、あふれんばかりのエネルギーが眠っているんです。嫉妬心は自分のパワーの存在と、そのありかを教えてくれる貴重なお知らせ

嫉妬心を抑えてしまうと、自分は本当はこれがしたいという心の底からのエネルギーを抑え込んでしまうことになると思いますよ。

嫉妬心と肩を組んで歩いてみませんか?

嫉妬心と肩を組んで歩いてみる

嫉妬心と敵対するのではなく、一緒に

肩を組んで前を向いてみませんか?

嫉妬を感じている今が、心の底に眠っているエネルギーを開放させるチャンスだと思うんです。

嫉妬と対峙・敵対してしまうと、どうしても膠着状態になってしまう。悶々として、先が見えなくなる。そのストレスが重なると、無意識に攻撃対象を作りだしてしまうと思いますよ。

せっかく自分の心からわき上がってきたエネルギーです。攻撃対象に向けてしまうのは、もったいないと思いませんか?

前に進めるパワー

に変換していくことが大事だと思いますよ。

嫉妬心は抑えれば抑えるほど、大きくなる

嫉妬心は抑えれば抑えるほど、大きくなる

中には、「嫉妬心」を必要以上に感じてしまい、

苦しい…、つらい…、しんどい…

と思われている方もいるかもしれません。苦しくて、しんどすぎる…と思われた方は、もしかすると、今まで自分のエネルギーやパワーを、必要以上に

我慢したり、抑え込んだり

しすぎていたのかもしれませんよ。もしくは、我慢したり、抑えたりすることが日常化しすぎて、無意識にしてしまっているのかもしれません。

嫉妬は悪いことではなくて、誰だって当然のように持つ感情です。感情は、人間が本来持っている自然現象だから、ホッておくと、

すぐに解放される

ものです。でも無理矢理抑え込んでしまうと、感情は消化されずに溜まってしまい、大きくなっていきます。

もし嫉妬心が「強すぎるな…」「続いてしまうな…」と思ったら、それは、今も、今までも、抑え込みすぎていて、解放されるのを今か今かと待っている状況なのかもしれませんよ。

嫉妬心が伝えたい声

妬心が伝えたい声

例えば、「わたしと同様に、ずっと彼氏がいなかった親友に彼女ができて、嫉妬してしまった」場合。

これまでずっと、「彼氏がほしい!」という気持ちを抑え込んで、なかったことにしていなかったでしょうか?

  • 親友にも彼氏がいないから、私も仕方がない…。
  • 男性との出会いが少ないから、仕方がない…。
  • 私の容姿が悪いから、仕方がない…。

人は、安定を好むもの。「わたしの人生を変えていきたい!」と強く思っていても、「このままが安心」という気持ちが勝ってしまうこともありますよね。

嫉妬心は、「天空の城・ラピュタの飛行石」のように、あなたの人生の方向を指し示してくれる

「道しるべ」

嫉妬心が今目の前に現れているのは、

・ 一歩抜け出すエネルギー

生きていく方向性

を指し示して、「今だよ」と言ってくれているのではないでしょうか。

  • 私の本心から、あふれ出てきた声。
  • 私の進みたい道を、指し示してくれる声。
  • もっと可能性があると、私が私に伝えたかった声。

私の中の声が、目の前に広がっている世界を使って、代弁してくれているんだと思いますよ。

嫉妬心と会話して、共感してあげましょう

嫉妬心と会話して、共感してあげましょう

だからといって、抑えてきた自分を否定しないでくださいね。

「我慢しなきゃ!」「抑えなきゃ!」と思ったそのときは、状況的に仕方がなかったんだと思います。自分を守るためには、それしか方法がなかったんだと思うんです。でもね、

「今は、もういいんだよ」

と教えてくれているのではないでしょうか。無意識に習慣化してしまったクセ。それは簡単には直せないかもしれません。今までできなかったことを、いきなり解放しようと思っても難しいかもしれません。

だから、

ただ、敵対しないだけ
ただ、見守るだけ
ただ、向き合わずに、横に並ぶだけ

でいいんだと思うんです。あなたの心の底に眠ったエネルギーが、自由に動きたい!と顔をのぞかせているんです。

  • 「もう出たいよね?」
  • 「窮屈な思いをさせてごめんね。」
  • 「長い間、しんどかったよね。」

そうやって、ただ優しく会話して、抱きしめてあげませんか?

マネをして、徹底的にパクってみませんか?

マネをして、徹底的にパクってみませんか?

「あの人はいいよな~」と羨ましく感じたとき、

「自分はダメだ!」

と思うのか、

「マネさせてもらって、
さらに上を目指そう!」

と思うのか。大きな違いが出てきますよね。

そう、いわゆる嫉妬心は、ネガティブに向いたもの。そうではなくて、マネをして、徹底的にパクッて、自分のモノにしていく絶好のチャンスと捉えてみませんか?

そうやって、嫉妬心を迎え入れていくことが、大事だと思いますよ。

嫉妬心はあなたの味方

「嫉妬心」は人間として生きている以上、当然のようにわきあがってくる感情であることを考えると、「嫉妬心がない」とは、

生きるエネルギーもない

と言えるのかもしれません。嫉妬心を感じたら、

  • 私には生きるエネルギーがあふれんばかりにあるんだ。
  • 嫉妬の対象には、私の興味や才能、大きな可能性があるんだ。
  • もしかしたら、私の人生の方向性を指し示してくれているのかも

そう前向きに捉えましょう。嫉妬心は「あなたの味方」。

嫉妬心はなくせない以上、嫉妬をしないための一番の方法は、味方につけることなのではないでしょうか?

そんな悩みをお持ちの方は、お話を聞かせていただけませんか?
” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

岩田昌樹

同じジャンルの
ブログ・コラム