「ことり電話」の予約はこちらから

夫婦カウンセラー紹介

” ほんわか ”夫婦がつくった、
” やさしさ ”あふれる
「カウンセリングルーム」です。

夫婦カウンセラー紹介

「村井まさお」と「村井あゆ」。
ここは、カウンセラー夫婦が営む、お悩み電話相談室『ことり電話』です。

1、『夫』と『妻』
2、『男性目線』と『女性目線』
3、『カウンセラー』と『相談者』

わたしたち2人は、性質の違う2つの目線で話し合ってきました。

2人の仲は、順風満帆だったわけではありません。わたしたち夫婦も、

  • 夫婦で大喧嘩をして、「離婚」という言葉を口に出してしまったり…
  • 2回つづいた流産に、心を痛め、長い不妊治療の末、ようやく子どもを授かったり…
  • 仕事で悩み、経済的に不安定な中、夫婦の意思疎通が悪くなってしまったり…

紆余曲折を、夫婦2人で乗り越えてきたからこそ、カウンセラーとしての深みも出てきたように思います。

心理学などの理論ももちろん大事です。ですが、夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、伝えられる実体験が、お話に深みをもたらすのではと、わたしたちは考えています。

カウンセラーが夫婦であるメリット

カウンセラーが夫婦であるメリット

人間の悩みのほとんどは、『人間関係』だと言われていますよね。

そんな人間関係の中でも、

「男性と女性の考え方の違い」

からくる悩みは、思っている以上に多いのではないでしょうか。「夫婦関係」はもちろんのこと、「恋愛」「結婚」「家族との関係」など…。

カウンセラーが、男性と女性双方の考え方を理解し、実感しておくことがとても大事だと、わたしたちは考えています。

※もちろん、ご相談者様の相談内容を夫婦といえども、お互いに話し合うことは致しません。ご相談内容の秘密厳守は、徹底しておりますのでご安心くださいませ。

異性の意見を聞いてみたい

異性の意見を聞いてみたい

ご相談いただく皆さまの中には、「異性の意見が聞きたくて予約しました。」とおっしゃられる方が、とても多いんです。

「異性の考え方が理解できない」と苦しんだり、「異性の反応を確認したい」ということなのでしょうね。

わたしたち夫婦は、お互いの

  • 「恋愛経験」
  • 「離婚経験」
  • 「夫婦の価値観の違い」
  • 「子育ての考え方の違い」
  • 「親族観の違い」
  • 「仕事観の違い」

などを、カウンセラー目線も交えながら、お互いの話や意見の傾聴を、何回も重ねてきました

言いすぎかもしれませんが、「2人分の人生」とまでは言わずとも、1.3人?分ぐらいの「人生経験」と「異性の考え」を学んできたと言えるかもしれません。

ご相談者様の中には、「男性と女性どちらの意見も聞いてみたい」とおっしゃっる方もいらっしゃいます。そんな方々の中には、「村井まさお」と「村井あゆ」を交互に予約してくださる方もいるんですよ。

ある電話カウンセラーさんとの出会い

ある電話カウンセラーさんとの出会い

わたし「村井あゆ」が、ある電話カウンセラーさんと出会ったのは、もうずいぶんと昔のことです。

職場の上司のこと。会ってくれない彼氏のこと。
誰かに悩みを聞いてもらいたくて…。ドキドキしながら、電話をしたのを覚えています。

ときには、涙で頬を濡らしながら…
ときには、グチを聞いてもらいながら…
ときには、大笑いしながら…

顔が見えない相手だったからでしょうね。
見栄もはらずに、ありのままの「わたし」をさらけだすことができました。

お世話になったのは、5~6年だったでしょうか。
本当に長い間、わたしのココロを支えてもらいました。

何があっても、わたしには、
そのカウンセラーさんがいる。

そう思うと、とても気持ちがラクになりました。
日々を乗り越えていく大きな勇気と希望をもらえました。

ご相談者様の目線を大事に

ご相談者様の目線を大事に

わたしたち夫婦は、1相談者であったときの経験を、とても大事にしています。ご相談者様は、

  • どういう気持ちになるのか?
  • 何を求めているのか?
  • どう伝えてほしいのか?

カウンセラーのひとりよがりにならないように、ご相談者様の目線で、
わたしたち夫婦は、毎日のようにふたりで相談しあっています。

みなさまのお悩みを解決して、明日への希望を持ち帰っていただけるよう、これからも夫婦2人で力を合わせていきたいと思っています。

ひとりで悩みすぎていませんか?

異性の意見を聞いてみたい

ひとりで悩みすぎて、「もうどうすればいいのかわからない!」そう叫びたくなるときはありませんか?

まるで「からんだ糸」のように

がんばって、力いっぱい、ほどこうとすればするほど、さらに固く、さらに強く、からんでしまう

「ひっぱる」だけじゃダメなのかもしれませんね。でも、ひとりで悩んでいると、「ほどき方」に気づかないことが多いものですよ。

  • 「2人」でしか、ほどけない糸があります。
  • 人に「話す」と、自然とゆるむ糸があります。
  • 「他人」にしか、見えない糸があります。

ひとりで、ぜんぶ解決できる人なんていませんよ。わたしたちに、そのお手伝いをさせてもらえないでしょうか。

みなさまの声をお聞きできますことを、楽しみにお待ちしております。