ご予約はこちらから

承認欲求が強い人とない人の特徴と承認欲求との付き合い方|ことり電話【お悩み相談室】

承認欲求が強い人とない人の特徴と承認欲求との付き合い方

承認欲求が強い人?ない人?その違いは

承認欲求とは、「欲求」という名前がついているとおり、

「生きるエネルギー」

と言えるのかもしれませんね。そのエネルギーをどのように得ていくのか、その手段の話と言えます。承認欲求は生きるエネルギーだとすると、人であるかぎり、現代においては「必要不可欠に近いもの」と言ってもいいのではないでしょうか。

ただ、必要なものだからといって、他人に求める承認欲求が強すぎてしまうと、生きづらく感じてしまうこともありますよね。そんなときは、承認欲求との付き合い方を見直してみましょう。

付き合い方の見直し方として私がオススメしたいのは、承認してもらう相手を

「他人」に求めすぎるのではなく、
「自分」にも求めていく

ということです。その付き合い方の違いが、生きやすさの違いとして現れてくると私は思っています。

承認欲求との付き合い方

承認欲求との付き合い方

どんな問題でも共通していることですが、承認欲求との付き合い方は、「0」か「100」かのお話ではありません。バランスの問題です。どちらかに偏ってしまうと、時として不安定な生き方になってしまうんですよね。

それは世界の電力エネルギー問題と似ています。地球環境のために、太陽光などの自然エネルギーだけに頼り過ぎていると、天気に左右されてしまうので、生活が不安定になりますよね。

水力はもちろんのこと、原発・火力などもバランスよく活用することで、それぞれの

長所と短所を補っていく

ことが大切なんです。つまり、承認欲求を「他人に求めるのがよくない」「ゼロにしましょう」という話ではないということです。

強いては「電力エネルギーなんてなくてもいい!」と、省エネどころか、ひと昔前のような「電気のない生活」をするべきだという話ではないんですよね。もちろん、

電気がない生活

食事・安全欲求だけの生活

もしようと思えばできるのかもしれません。ただ、今の時代、それは現実的ではないですよね。

「他人に求めるのか」と「自分に求めるのか」。そのバランス保ちながら、エネルギー(承認欲求・電力エネルギー)を得ていくことが大切ではないでしょうか。

承認欲求が強い人の特徴

承認欲求が強い人の特徴

まずは、他人に求める承認欲求が強い人にはどんな特徴があるのかを見ていきながら、その付き合い方を考えてみたいと思います。私的に、他者承認欲求の特徴をわかりやすく例えてみると、それは

『 競馬 』

のようなイメージなんです。競馬から得られる「お金」=「生きるエネルギー」と考えるとわかりやすいと思います。

馬券が当たったときは、「お金」に加えて、

「刺激」や「ワクワク感」

がプラスされるので、一気に心が満たされていく感覚・生きた心地が味わえるのではないでしょうか。会社員としてコツコツ毎日働いてもらう給与とは、一味違うものです。

ただ、そんなに簡単には当たらないんです。簡単には味わえない感覚だからこそ、刺激的であるとも言えますよね。そもそも、投資したお金の1/4(25%)は「国庫納付金や運営費」に回るわけですから、

最初からマイナス

といえばマイナスなんですよね。だから、当選確率が高いわけがないんです。

しかも競馬は、「何日もかけて予想して、考え抜いて」「知識を増やして」「経験値を上げれば」当たるわけではないですよね。なにせ相手は「馬」ですから、気分や調子が読みにくい。

主導権が、圧倒的に相手(馬)にある

んですよね。その点が、承認欲求ととても似ていると思うんです。他人に求めるということは、主導権を他人に渡すことですからね。

承認欲求が強い人は「頑張る人」

人は承認を得るために、頑張りますよね。それは、当たり馬券を手に入れるために、「血統」「馬の調子」「騎手」「調教師のコメント」などを必死に読みこんで予想するようなものかもしれません。

でも、ビギナーズラックが競馬には多いように、「カワイイ馬の名前だから」「誕生月が3だから」「なんとなく浮かんだ数字だから」という理由で買った馬券が当たることもあるんですよね。それと同じように、

頑張っていない人が認められる

こともよくあるんですよね。承認欲求というのは、それだけ満たすことが難しい代物なんです。

「頑張る」と「結果」が、
ほとんど連動していない

んです。競馬でのトータル収支がプラスの人がほとんどいないことからも、それはわかりますよね。

ただ、「負けを取り戻そうとして、さらに馬券を買ってしまう」のと同じように、満たすのが難しいからこそ、承認欲求が強すぎる人は、身を削りながらも、頑張れる人とも言えるんですよね。

「満たされない」を維持し続けられるからこそ、頑張り続けることができるんです。あるいは「満たした(馬券が当たった)」興奮が忘れられなくて、頑張り続けるんです。皮肉なものですよね。だからこそ、「すごい実績」や「とてつもない結果」を残す人も、ひと握りですが、現れるわけです。

承認欲求は刺激が強い分、投資効率が悪い

繰り返しになりますが、結果を残せる場合もある一方で、他人からもらえる承認は、刺激的で満足度も高くて、自信にはなるけれども、当たる確率はかなり低いんです。

頑張れば頑張るほど、それに比例して承認がもらえるわけではないんです。刺激的である分、投資効率が非常に悪いんですよね。だからこそ、挫折して、生きづらくなる人も多くいるわけです。

そもそも、他人も、

自分のことを考えることで精一杯

なんです。他人は、エネルギーの多くを自分に使っているんです。競馬でいうところの、投資したお金の1/4(25%)は、国や運営費に回っているのと同じことです。

他人からの承認にエネルギー投資(頑張る)しても、私に返還されるエネルギーは、最初から目減りしてしまっているんですよね。

承認欲求がない人の特徴

承認欲求がない人の特徴

では、承認欲求をなくすためにはどうすればいいのでしょうか。上でご紹介したように、承認欲求が「ない」人と言っても、ゼロを目指すのは現実的には難しいですよね。ですので、ここでは、承認欲求が少ない人の特徴を考えてみたいと思います。

結論からお伝えすると、承認欲求が少ない人は、

「自己満足ができる人」

だと私は思っています。ただ、そうはいっても、人間の目は「外」に向かってついていますよね。自分の全身の姿を、どうやっても見ることができないんです。ですので、自己満足は意外と難しいんですよね。

他人の反応をじっくり観察しながら、自分自身の姿を推測するしかないんです。体の構造上、仕方がないですよね。ですので、

意識的に「自分を見る」

ことが大切だと私は思っています。それは、「鏡で自分の姿を見る」ということなんですよね。鏡を見ると言っても、ただ見るだけではありません。

自分が得たモノを、鏡を見ながら確認していくということです。承認欲求が少ない人の私のイメージは、

「筋トレ」や「エステ」「温泉」

などが好きな人のようなイメージなんです。

承認欲求がない人は自己満足的?

「筋トレ」が好きな人は、キツイ筋トレをした後に、どれぐらい筋肉がついたかを、「鏡を見ながら」確認する人が多いですよね。筋トレは

「筋肉と対話している感覚」

という方もいらっしゃるぐらいです。頑張って(投資したエネルギーで)得たモノを、自己満足的に確認していける人だと言えるのではないでしょうか。

「いい体してるね!」と人から言われたいから頑張るときも、もちろんあると思います。でも、承認欲求が少ない人は、頑張ったことで、

自分が何を得られたか

を鏡で自分を見ながら、あるいは日記のように自分と対話しながら、確認していくことを習慣にしている人なのではないでしょうか。

承認欲求がない人は「エコ」?

上司から「この仕事をやっておいて!」と、したくない仕事を振られてしまった。そんなとき、上司に認めてもらうために、ムリして頑張るのか。それとも、「この仕事をすることで、自分は何を得られたのか」を考えながら仕事をするのか。

その2つの視点を、常に同時並行的に走らせておくイメージです。得られたことは、例えば

  • 「いつもの仕事とは、すこし違う視点で仕事をすることができて、視野が広がった」
  • 「こういう仕事は苦手で、ここは得意なんだな」と自分の特性を発見できたり
  • 仕事の優先順位の付け方が間違っていることに気づいたり

などでしょうか。「自分が得たこと」という視点を常に意識していると、何かしら見つかるものです。つまり、

当たる確率が非常に高い

んです。見返りは小さくて、刺激的ではないかもしれませんが、安定的なんですよね。ある意味、

エコ的・SDGs的

とも言えます。自己完結で、自然循環的。地産地消的。地球環境(人間関係)とわたしに優しいとも言えるのではないでしょうか。

承認欲求を満たす方法

承認欲求の満たす方法

「自己満足」とはどういうことか。もう少し具体的に考えてみましょう。

まだまだできていませんが、私個人的には、道行くすべての人に、心の中で「こんにちは」と挨拶をしたり、人が誰も見ていないところで、道のゴミを拾えるような人になりたいなと思っています。

「なんか自分って、いい人だよな~」

と自己満足して、誰も見ていないところでニヤッとするイメージです。もちろん時々、ゴミを拾っているところを誰かが見てくれていて、「いい人ですね」と、人にも言ってもらいたいですよ。

安定と刺激を、同時並行で動かしていくことです。でも、意識的に動かすのは、「安定・自己満足」だけでいいんですよね。「刺激・承認欲求」は、無意識に任せておくぐらいで充分ではないでしょうか。

そして、どちらに対しても、

「生きるエネルギーをいただきました。
ありがとう!」

と、「感謝」を怠らないことが大事だと思いますよ。

先日、マツコ・デラックスさんが、

「幸せになるためには、他者を介在させずに喜びを得ることを、持てているかどうかが大事」

とおっしゃっていましたが、「自己完結できる喜びの分野を作りましょうね」ということなのでしょうね。それは、イコール「自己満足」とも言えるのではないかと、私は思っています。

ことり電話のコンセプト

承認欲求との付き合い方に悩んだときのカウンセリング料金

承認欲求との付き合い方に悩んだときのカウンセリング料金

\ 財布に優しい /

1分 110円(税込121円)

ご料金・支払方法はこちら

悩みが消えたら何がしたいですか?
ご予約はこちらから
  • 行動心理学、人格心理学、発達心理学、精神分析学、社会心理学、非言語コミュニケーション


    人間関係全般を得意分野としています。

  • 恋愛成就、復縁、片思い、不倫・浮気、婚活、恋愛テクニック
  • 夫婦、家庭、自己肯定感、不安、寂しさ、自己コントロール
  • 仕事のモチベーション維持、職場での人間関係、転職、復職や休職、経営、採用...など

生きづらい悩みを持ったお客様の声

    98.4%

    総合評価: 4.83

  • 仕事の人間関係やストレスについて相談させて頂きました。私の立場を理解して頂き、優しく冷静にアドバイス頂いたことで、悩んでる時間が無駄だなー!と思えるようになりました。小さいことで悩んでいる自分がアホだったなーと笑えるようになり、気持ちが前向きになりました。
    明日からまた楽しい気持ちで過ごせそうです。本当にありがとうございました!

    点数評価:
  • 今日は当日のお願いにも関わらず本当にありがとうございました。最近ずっと悩んだり、イライラしていて本来の自分ではなくなっていました。お話しする内に気持ちが楽になりました。アドバイス頂いたように、考え方次第で心が楽になりました。
    最後は爆笑してなんで自分は悩んでいたんだろうと思えました。本当にありがとうございました。
    お声がとても優しく、ゆっくり、話を聞いてくださるのでリラックスして話せました。こちらに電話して本当に良かったです。また、よろしくお願いいたします。

    点数評価:
  • お話しを聴いていただきありがとうございました。2回目ですが共感力には感謝します。共感だけではなく、村井さんの考え方も聴けて勉強になります。
    共感+answer、そして私の考え方へのリスペクトなど。それらが有ると無いの人生、生活は全く違います。今日もお話しができて、原動力になりました。ありがとうございます。
    何かの社会のしがらみから、今の家族のしがらみから、人間関係から、そんなトンネルから抜け出せるまで、おそらくまたお願いしたいです。

    点数評価:
  • 今回は恋愛相談でしたが、聞き役に徹してくださり吐き出したいことを全部聞いてくれて、こちらがアドバイスを求めたときは優しく親身になってお話しして下さいました。
    なんだか学生時代に保健室の先生と話していたときのような感覚になりました。電話を始めたときはボロボロ泣いてましたが切るころにはすっきり穏やな気持ちになりました。
    今どうしたらいいか答えも見つけられたので、勇気を出して電話して心から良かったと思っています。ありがとうございました。

    点数評価:
  • すべての口コミを見てみる ➡

ご予約はこちらから

強すぎる承認欲求との付き合い方に、ひとり悩んでいませんか?

強すぎる承認欲求との付き合い方に、ひとり悩んでいませんか?
  • みんなにスゴイと思ってほしくて、話を盛ってしまう…
  • SNSでの「いいね」の数を、気にしすぎてしまう…
  • 会社の役職の高さに強いこだわりを持ちすぎてしまう…

そんな強すぎる承認欲求に、毎日振りまわされて、苦しんでいないでしょうか。その辛さを、友人や同僚に相談しようと思うけれど、

「劣等感」「誰にもわかってもらえない」「バカにされている」

といった承認してもらえない不安に襲われて、どうしても打ち明けられないことも多いですよね。

すると、いつのまにか1人で「答えのない答え探し」という堂々巡りのワナに陥ってしまうことになるんですよね。悩みすぎて、

心の身動きが取れなくなり

窮屈で閉塞感を感じてしまう。生きづらさを感じてしまう。
もう、どうしたらいいのかわからなくなってきているのではないでしょうか。わたしたちは、

    100% あなたの味方ですよ 

  1. 「否定」しません。
  2. 意見を「押し付け」ません。
  3. 「答え」を引き出します。

気持ちに寄り添いつづけます

悩むのは、あなたが弱いからではなく、優しすぎるから。心理の専門家であるカウンセラーが、頑張りすぎてしまったあなたの心をケアしながら、解決を目指します。

電話相談いただく内容でとても多いのは、「自分の生きづらい考え方・性格をどうにかして変えたい!」という悩みです。それだけ、誰にも言えない深い悩みを抱えている人が実は多いということでしょう。

  1. 身近な人には相談しづらい
  2. 共感してもらいたい
  3. 話して、不安感をスッキリさせたい
  4. 聴いてもらい、頭の中を整理したい
  5. 専門家・プロの意見が聴きたい

そんな皆さまの要望に、とことん寄り添わせていただきます。お気軽に相談の電話をくださいね。

生きづらい性格についてのコラム・ブログ

ご予約はこちらから

承認欲求との付き合い方を電話相談してみませんか?

承認欲求との付き合い方を電話相談してみませんか?

強すぎる承認欲求に悩むあなたに
”明日への希望”をご提案します。

「認められたい気持ちなくす方法」
「承認欲求の減らし方」
「承認欲求を満たす方法」など…。
ネットで検索をして、承認欲求との付き合い方を調べてみる。でも…

『なぜかうまくいかない…』
『頭では理解しているけれど承認欲求が止まらない…』
『承認欲求を満たしたつもりなのにモヤモヤする…』

そう感じてしまうことはありませんか?

承認欲求との付き合い方を調べたけれど、
辛辣すぎる意見ばかり…。
もうあきらめるしかないのかな…。
と、さらに憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。


承認欲求を強く持つあなたに希望を

承認欲求を強く持つあなたに希望を

もうこれ以上、友だちや親には、認めてもらいたいという悩みなんて聞いてもらうことはできない…。

そんな時は「悩みを聴いて、解決の糸口を見出す」カウンセラーに悩みを打ち明けてみませんか?
承認欲求の悩みを、気兼ねなく思う存分相談できますよ。

” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

強すぎる承認欲求の相談は「聴くプロ」のカウンセラーに

強すぎる承認欲求の相談は「聴くプロ」のカウンセラーに

ゆっくりと話を聴いてもらい、すべての気持ちを吐き出すことで、3つの効果が生まれると言われています。

  • カタルシス効果 …
    誰かに悩みを打ち明けることで、気分が楽になる効果
  • バディ効果 …
    孤独感から解放される効果
  • アウェアネス効果 …
    自分の考えや感情などの理解が深まることで、頭の中が整理される効果

カウンセラーは「じっくりと話しを聴いて、解決の糸口を見出す専門家」です。
3つの効果を最大限引き出していきながら、

『明日から、こう行動しよう!』
『明日から、こう考えよう!』
『明日から、これを目指そう!』

そんな明日への希望を、持ち帰っていただきたいと、私たちは思っています。

承認欲求が強い人とない人の特徴と承認欲求との付き合い方と同じ悩み相談テーマ