ご予約はこちらから

仕事を頑張れないと悩んだ時の原因と対策・8選

村井まさお

2019/07/19
2020/07/07

仕事を頑張れない…自分は甘えていると、ひとり悩んでいませんか?

仕事を頑張れないとひとり悩んでいませんか?
  • 仕事にやりがいを見い出せず、頑張れない…甘えているのかも…
  • 上司・同僚との関係がうまくいかず、やる気が起きない…
  • 今の仕事は自分に合っていないのではないか?周りには、甘えていると言われる…
  • もっともっとバリバリ働きたいのに、なぜか頑張れない…心と体がついてこない…
  • 明日こそは頑張ろうと思っているけど、朝起きると、やっぱり頑張れない気がしてくる…
  • ベッドから起き上がるのが辛い日もある…。特に月曜日の朝はツラい…

誰にも相談できず、ひとり悩んでいませんか?「甘えているのかも?」と自分を責めていませんか?

仕事を「頑張れない」と感じている人は、実は、

頑張りすぎている
のかもしれませんよ。

▼ 目次 仕事を頑張れないと悩んだ時の原因と対策8選

  1. 「仕事を頑張れない」のではなく、「頑張りすぎている」のかもしれませんよ
  2. 仕事を頑張れないときの原因・8選
  3. それでもやっぱり仕事を頑張れないというあなたへ
  4. 仕事を頑張るために大切なこと

「仕事を頑張れない」のではなく、「頑張りすぎている」のかもしれませんよ

「仕事を頑張れない」のではなく、「頑張りすぎている」のかもしれませんよ

私たちに、ご相談のお電話いただく皆さまは、口々にこうおっしゃいます。

  • 自分が甘えているだけなんだと思います…
  • 仕事を投げ出してしまっているように思います…
  • 小さいころから、『頑張れ』と言われ続けてきた…
  • みんなは頑張っているのに、自分だけ、できていないんです…

そうおっしゃる皆さまは、人が良くて優しい方々ばかりです。ですが、本当に自分を責めるべきなのでしょうか?

周囲から、「甘えてる」「責任感を持て」「投げ出すな」「頑張れ」と言われつづけ、自分を責めていませんか?
周囲の期待に応えようと、ムリをしすぎていないでしょうか?

もしかしたら、「仕事を一生懸命に頑張って、みんなに貢献しなければ!」そう強く思いすぎていることが、「仕事が頑張れなくなってしまう」原因かもしれませんよ。

仕事を頑張れないと感じたときに役に立つ、8つの原因と対策をご紹介させていただきます。

仕事を頑張れないときの原因・8選

仕事を頑張れないときの原因・8選

まずは、仕事を頑張れないと感じてしまう原因を、考えてみたいと思います。

かなり長文 のコラムになってしまいましたので、目次を作りました。クリックすると、項目に移動できますので、ご利用くださいね。

ひとつひとつ考えてみましょう。

「1、頑張っても、結果がなかなか出ない」

頑張っても、結果がなかなか出ない

頑張っても、頑張っても、結果が出ない…。

自分よりも真面目に取り組んでいない同僚の方が、なぜか「結果」を出しているように感じる。明らかに自分の方が、仕事をしているはずなのに…

もう、仕事を頑張る気力が、沸いてこない…。

そんなあなたは、「全力を尽くして」

100%の『結果』
を目指しすぎているのかもしれませんよ。

一生懸命に頑張っているあなたは、とても素晴らしいと思います。
ただ、『結果』を重視しすぎてしまうと、自分で自分の評価を下げてしまうことに、つながってしまうのではないでしょうか。

頑張れば、「結果」は付いてくる。残念ながら、そう簡単にはいかないのが、難しいところ。

頑張っても、「結果」が出ない
ことは、よくありますよね。

特に、仕事の「結果」は、自分ひとりの力だけでは、どうにもできないもの。たくさんの人たちが「頑張った」集合体でしかありません。

しかも、頑張り方が、人によってそれぞれ違うから、困ったものですよね。

「他人の頑張り」に左右されてしまう「結果」を求めすぎてしまうと、イライラしてしまうだけではないでしょうか。

自分で左右できる「結果」を、最優先に考えましょう。

「結果」のとらえ方を変えていきましょう。

【数字】という「結果」は、たとえ出なくても、

【経験】という「結果」は、必ず残る。
ものですよね。

  • 【数字】… みんなの頑張りや、運に、左右される「結果」
  • 【経験】… 自分の頑張りが、そのまま現れる「結果」

どちらの結果も欲しいけれど、【経験】という「結果」は、軽視して、後回しにしてしまいがちですよね。

×…【先】数字 → 【後】経験

〇…【先】経験 → 【後】数字

自分が頑張った分だけ必ず残る【経験】という「結果」を、最優先に考えてみましょう。

【数字】という「結果」は、出れば嬉しいなぐらいに考えておくべきではないでしょうか。

「結果」より「過程」が、見られているものですよ。

みんなは、あなたの「結果」を見ている。そう思い込んでいないでしょうか?でも、本当にそうなのでしょうか?

【数字】という「結果」は、ひとりの力だけでは出せないことぐらい、みんな知っているのではないでしょうか?だから、よくわからない「結果」よりも、「過程」を見て判断している。

もし、2人に同じ「結果」が出たとしても、「過程」がよかった人(頑張った人)のことを評価するのが、人間の心理だと思いませんか。

頑張ったという「過程」

【経験】という「結果」
【数字】という結果は、誰のものかわかりにくい。でも、「頑張っている姿」は、あなただけのもの

普段のあなたの頑張りでしか、「あなた」を評価できない。それを、みんなは見ていますよ。

    【まとめ】
  • 「みんなの頑張り」や「運」に左右されてしまう、【数字】という結果を追い求めるのは、やめましょう。

仕事で評価されるために大切だと思うことを、実例とともに、さらに詳しくまとめてみました。
↓よろしければ、こちらの記事もご覧くださいね。

「 2、やりたいことや、得意分野と違う仕事をしている 」

やりたいことや、得意分野と違う仕事をしている

「今の仕事では、自分の得意分野や長所を生かすことができない…」

そう思われている方も多いのではないでしょうか。周りに流されてしまう人も多い中で、自分の得意分野をしっかりと把握されていることは、とても素晴らしいと思いますよ。

たしかに、その長所を生かす仕事をした方が、「自分」にとっても、「会社」にとっても、「お客様」にとっても、三方に良いですよね。

転職も視野に入れるべきかもしれませんが、その前に下記のことも一度考えてみてはいかがでしょうか?

今の仕事はこうあるべきという先入観はないでしょうか?

  • 営業は、「コミュニケーション能力」が大事
  • 商品企画は、「アイデア力」が大事
  • 経理は、「ミスをしない」ことが大事

もし、「こうあるべきだ」という強い思いがあるようでしたら、本当にそうだろうか?と考えてみてもいいかもしれませんよ。

学校の試験とは違い、成果を出す

正解は、1つではない
ですよね。

むしろ、正解と思われる方法とは、違う方法を試すことが、みんなに評価される大きなキッカケになることも多いのではないでしょうか。

  • 「笑わないけれど、粘り強い営業」
  • 「大ヒットはないけれど、ポテンヒットを着実に積み上げていく商品企画」
  • 「攻めの経理」

先入観にとらわれずに、やりたいことや得意分野を、自分のやり方で試してみると、新しい価値が生まれるかもしれませんよ。

他の人がやっていないからこそ、あなただけの大きな武器になる。得意分野と違う仕事だからこそ、生かせることもあるかもしれませんよ。
    【まとめ】
  • 「長所」を発揮できないと感じる職場でこそ、あなたの「長所」の輝きが増すかもしれませんよ。

「3、自分の存在価値を感じられない」

自分の存在価値を感じられない
  • 「職場の中で、自分は果たして役に立てているのだろうか?」
  • 「自分がいる意味は、あるのだろうか?」

ふと、そんな思いが、頭をよぎることはないでしょうか。

「お客様」のため…
「会社」のため…
「家族」のため…

何かのため
と思えば思うほど、「役に立ててない」という思いも、強くなりがちですよね。

でも、人から見た「自分の存在価値」を意識しすぎると、

他人に依存した人生
になってしまいますよね。

仕事は、自分の人生を有意義に過ごすための1つの手段でしかありません。「わたし」は、どういう人生を歩みたいかを考えて、それに仕事を合わせていくべきではないでしょうか。

自分の存在価値は、他の人が決めるものではなく、

自分で決めるもの
です。まずは、「わたし」はどういう人生を歩みたいかを、考えてみるのもいいかもしれませんよ。

    【まとめ】
  • 自分の存在価値は、「自分」が決めるもの。

「4、 毎日同じことの繰り返しでつまらない」

毎日同じことの繰り返しでつまらない

ルーティンが続く仕事はラクではありますが、慣れてしまうと、頑張る意欲が減ってしまいますよね。

モチベーションを保つためにも、

毎日違う「小さな目標」
を自分に課してみるのはいかがでしょうか?

目標を課す上で大切なことは、

  • ちょっとした「小さな」こと
  • 必ずその日中に「達成できる」こと
  • 「1つ」だけに絞ること
  • 毎日、目標を「変える」こと

だと私は思っています。

短時間で成果を実感できることが、毎日のモチベーション維持には、とても効果的ですよね。

すぐに成果を実感できるという意味では、「ゲーム」に近いですよね。「ゲーム」が楽しくて、はまってしまう理由は、小さな達成感が繰り返されるからではないでしょうか。

「ゲーム」感覚で、仕事をする
という考え方でもいいのかもしれませんね。

大切なのは、成果を欲張りすぎないこと。「小さい」「1つ」「毎日違う」ことが、大事ですからね。

    【まとめ】
  • 小さな達成感を、ゲーム感覚で繰り返してみましょう。

「5、大きなプレッシャーにさらされている」

大きなプレッシャーにさらされている
  • 「責任ある立場を任されて、やりがいもあるけれど、その分プレッシャーも大きい…。
    部下は言うことを聞いてくれず、上司と部下に挟まれて、誰にも理解されないイライラが蓄積してしまう…」

そんな悩みで、次第に仕事を頑張る気力が失われていっていませんか?

前の項目と少し似ていますが、

目標を小さく区切ってみる
のはいかがでしょうか?

大きなプレッシャーや目標は、考えただけで怖くなってしまい、ストレスに負けてしまいそうですよね。

大きな成果や目標は、毎日の小さな目標の積み重ねの先にしかないですよね。

一気に成果が出るような美味しい話は、世の中にそうそう転がっていないものです。

最初に、大きな目標までの工程表をつくり、短期間の目標を定める。つくったあとは、先の大きな目標のことは考えすぎず、

今日一日の目標のことだけに集中
してみてはいかがでしょうか?

    【まとめ】
  • 小さく区切った目標を、日々クリアしていくことに「集中」してみましょう。

「 6、職場のモチベーションが低い」

職場のモチベーションが低い

自分だけが頑張っているような気がする職場は、本当に辛いですよね。

意欲を持って仕事をしていても、みんなの雰囲気に足を引っ張られていくような気がして…

自分の考え方が
間違っているのだろうか?
と不安になってきますよね。

一方で、モチベーションの高い職場で働けることは、良い刺激になって、自分の成長につながりますよね。でも、仕事ができる人が多すぎて、“評価されにくい”という難点もありますよね。

モチベーションの低い職場で、高い意欲を維持できれば、同僚との差は付けやすい。

職場のエースとしての地位を保ちやすい
とも言えます。

1番に評価される場所というのは、他には代えがたいやりがいと喜びがあるのも事実だと思います。

とらえ方によっては、モチベーションの低い職場も「悪くはない」という気もしてこないでしょうか?

他人に影響されずに、自分を大事にすることは、人生を豊かに生きていくためにはとても大事なことですよね。その価値観を鍛える練習だと思って、今の職場を利用してみるのも1つの手かもしれませんね。

    【まとめ】
  • 職場によって、「良い点」「悪い点」どちらもありますよね。すべて完璧な職場を探しても、なかなか難しい…。「何を捨てて、どこに意欲の軸足を置くか?」が大事なのかもしれませんね。

「 7、明確な目標がない」

明確な目標がない

モチベーションを維持していくためには、明確な目標はとても大切だと思います。目標があると、人は燃えてくるものですよね。

ただ一方で、数字で測れる明確な目標を求める傾向にある人は、

白黒をハッキリと付けたい
と思いやすいのではないでしょうか。

  • 「勝つか、負けるか。」
  • 「達成できたか、できなかったのか。」
  • 「寄り道をよしとはせず、目標に向かって突き進んでいきたい。」

そんな明確さが、人生の指針となっているのでしょう。

ですが…幸せな人生を送る人は、「白黒ハッキリつけず、グレーな部分を許容できる人」と言いますよね。

許容できる範囲が狭いと、イライラしやすくなるからでしょうね。他人に対しても、自分に対しても、厳しい見方をしてしまいがちですからね。

もちろん、目標は大事です。ですが、

まっ、いいか!
と許容することも大事。仕事を頑張らなければという必要以上のストレスから、時には自分を解放させてあげましょう。

    【まとめ】
  • 明確な目標は、「こだわり」を生み出します。「こだわり」は、時には「足かせ」になってしまうことも…。

    「まっ、いいか!」は、自分を自由にさせてあげる” 魔法の言葉 ”。

「8、 自分の成長を感じられない 」

自分の成長を感じられない
  • 「仕事はラクだけれど、なんだか物足りない。今のままで、自分が成長していけるか、不安を感じる…」

今の自分に満足せずに、もっと成長したい!強い意欲を持つあなたは、素晴らしいと思います。

私も若いころ、同じように感じていた時期がありました。周りの人よりも、仕事を多く任せてもらっていたのに、物足りなさを感じて「もっと!もっと!」と常に求めていました。

「普通の仕事量だと、なんだか

認められていない
ように感じて、頑張れない…」そんな気持ちになっていました。

ひとつひとつの仕事を、疎かにしていたわけではないんです。スケジュールがみっちり埋まっていないと、仕事をしている気がしない…。

スキマ時間ができると、頑張れていないのではないか…何かに追われるかように、がむしゃらに仕事をしていました。

よく考えれば、ひとつひとつのことをもっと突き詰めて、奥の深さを知ることもできたはずです。

奥の深さよりも、幅広い仕事量を求めたのはなぜか?「これだけの量の仕事をしている」と、みんなに認めてもらいたかっただけでした。

私の場合は、「自分の成長のため」と言いながら、その裏面には、「認められたい」と書いてありました。「自分のため」ではなく、「みんなのため」でした。

どんな仕事にも、奥の深さがある。穴を深く掘り続けることは大変で、根気のいる作業です。そこから逃げていると、本当の成長はない。そのことに気づくまで、かなりの時間がかかってしまいました。

時々立ち止まって、

「成長」の意味
を改めて考えてみることも、大切かもしれませんね。

    【まとめ】
  • 成長は、「飽き」との闘いという側面もありますよね。「新しい」視点を取り入れて、「飽き」がこないように、自分でアレンジし続ける。

    『継続は、成長の礎なり』

それでもやっぱり仕事を頑張れないというあなたへ

それでもやっぱり仕事を頑張れないというあなたへ
  • 何もしていないのに、自然と涙が出てきてしまう…
  • すべてのことに、気力がわいてこない…
  • 楽しいと思えることがない…
  • 人と接することを、極端に避けてしまう…
  • 朝はとくに、無気力な状態がつづく…

もし、そんな気分がずっと続いているようでしたら、専門医への受診を考えてみてもいいかもしれませんよ。

仕事を頑張るために大切なこと

「悩む時間を決めること」

仕事を頑張るために大切なこと

悩まない人生なんて、ないですよね。みんな、何かしら悩んでいるものです。ただ、悩み方には、コツがあるように思います。

「少しずつ」「長く」「いつまでも」悩んでいると、深い悩みの連鎖から抜け出せなくなってしまいます。

「1時間」だけ、悩もう!
時間を決めて、悩む。

決めた時間が過ぎたら、運動したりして他のことに集中する。悩み時間を決めて、頭を切り換えることが、

深い悩みの連鎖を断ち切るコツ
かもしれませんよ。

「自分をホメられていますか?」

自分をホメられていますか?

頑張っても、頑張っても、物足りない。いつまで経っても達成感がない…。

  • 自分は他の人に比べて、ダメなんじゃないだろうか?
  • 自分を認めてあげることが、なかなかできない…
  • 自己否定ばかりしてしまう…

そう思っている方は、多いですよね。

「評価されたい」から、結果にこだわりつづける。自分を犠牲にして、みんなのために尽くしている。

でも、その行きつく先には、” 自己否定 ”が待ち受けているのではないしょうか?

人や社会に対して、
良いことをしている

自分でそう思い続ける。その思いを噛みしめながら生活できると、すこしずつ自分を認めてあげることができるのではないでしょうか。

「良いことをしている」と感じながら行動することは、
「自己肯定感」
「幸福感」
「達成感」

を高めることに、つながっていくはずですよ。

「自分のことが、嫌い…」

だけど…みんなには、

「わたしのことを好き」
でいてほしい。

それは、なかなか難しいですよね。

まずは、自分が

自分のことを好き
でいること。

「自分のことを好きでいられる行動だけをする」ことが、大事ではないでしょうか。

『まっ、いいか』を口ぐせに。

まっ、いいか!を口ぐせに。
  • もっと、頑張らなければ!
  • もっと、評価されなければ!
  • もっと、目標を達成しなければ!

「もっと!」「もっと!」と感じる人生は、追われ続ける人生になってしまいますよね。

そして、張り詰めていた『糸』がプチンッと切れてしまったとき、一気に「意欲」と「感情」と「生きる意味」を見い出せなくなってしまう…。

「まっ、いいか」

それで、いいんですよ。あなたは、もう十分に頑張りすぎていますよ。その姿を、みんな見てくれていますよ。

だから、自分を、ホメてあげてくださいね。

良いところが、たくさん、たくさん、あるのだから。

そんな悩みをお持ちの方は、電話でお話しを聞かせていただけませんか?
” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

村井まさお

同じジャンルの
ブログ・コラム