ご予約はこちらから
夫婦喧嘩でお互いに無視してしまう心理と疲れたときに仲直りをする方法|ことり電話【夫婦カウンセリング

夫婦喧嘩でお互いに無視してしまう心理と疲れたときに仲直りをする方法|ことり電話【夫婦カウンセリング】

夫婦喧嘩でお互いに無視してしまう心理と疲れたときに仲直りをする方法

夫婦喧嘩でお互いに無視してしまう心理と疲れたときに仲直りをする方法

こんにちは。カウンセリング実績3,900件以上の夫婦関係修復カウンセラーの岩田昌樹です。

私の元にはよく、夫婦喧嘩がキッカケで数週間・1ヶ月、あるいは半年、

中には数年間も、
夫婦がお互いに口をきいていない。

夫婦の会話は日常生活の義務的な確認事項ぐらい。そんな風に、夫婦がお互いに無視し合うような関係が続いているというご相談をいただきます。

帰ってきたら視線も合わさず、逃げるかのように部屋に閉じこもったり、夜遅くまで帰って来なくなったパートナー。夫婦生活の

終焉を期待しているかのような

パートナーの行動を、目の当りにする。家の中で夫婦がすれ違うと、お互いの存在を無視するかのように、スゥ~っと通り抜けていく。

そんな現実を突きつけられると、夫婦関係を再構築していく

勇気がギュゥ~っと
音を立てながらしぼんでしまう

ものですよね。ただ、こうなってしまったキッカケは、お互いに無視し合う関係になるほど、深刻な夫婦喧嘩だったわけではなく、これまで何度も経験してきたレベルの夫婦喧嘩だったんです。そうおっしゃる方も多いんです。

はからずも、夫婦の関係が膠着状態に入り込んでしまうと、全身が硬直したかのように、手も足も口も動かなくなるものですよね。夫婦の間に漂う、粘着度合の高い重い空気が、吸う息さえも鉛のように感じさせてしまうんです。

消化されないどんよりした空気が体に溜まり続け、それが重しになって、

言葉がノドの奥で詰まって

出てこなくなるんですよね。

今回は、夫婦喧嘩がキッカケで、夫婦がお互いに無視をしてしまう心理を考えてみたいと思います。

心理カウンセラー・岩田昌樹

\動画でもご覧いただけます/

夫婦喧嘩でお互いに無視してしまう心理と疲れたときに仲直りをする方法

夫婦喧嘩で無視になるお互いの心理

夫婦喧嘩で無視になるお互いの心理

夫婦喧嘩をしたとしても、

できるだけ早く仲直りしたい。

どんなにいがみ合っている夫婦だったとしても、そう思うものですよね。ギスギスした雰囲気を気にせずに生活できる人なんていないですよね。

それなのになぜ、夫婦がお互いに無視してしまうほど、ふたりの関係が張りつめてしまうことになるのでしょうか。

それは、夫婦がお互いに

「怖さ」を持ちすぎている

ことが原因だと私は感じています。「怖さ」が萎縮を招き、結果的に、無視になってしまうことが多いのだと思います。

無視したいわけではない。仲直りしたくないわけでもない。もちろん、本心では離婚したいわけでもない。でも「だからこそ」、無視という形に行きついてしまっている。

それが、表面的に現れる言動からは見えずらい本当の姿だと私は思っています。

本心とは「真逆」の言葉
本心とは「真逆」の行動

を、切れ味鋭い日本刀のように、思わず表現してしまうんですよね。それは、想いが強すぎるからこその「膨らみすぎた期待」が裏に隠れているからです。

ではそんな「怖さ」の正体とは何なのでしょうか。夫婦がお互いに持っている「怖さ」の中身には毛色の違いがあると、私は感じています。それは、「孤立」と「孤独」の違いです。

一方には、

「孤立」への怖さ

がある。もう一方には、

「孤独」への怖さ

がある。基本的には、原点・始まりは同じですが、途中で枝分かれして、表現の方法に違いが出てきた。そんなイメージなんです。

つまり、孤立と孤独にある「弧=ひとりぼっち」から始まっているのは同じですが、「立=外に出よう」としているか、「独=留まろう」としているかの違いなんです。

もちろん、夫婦ふたりともに「孤立」「孤独」への怖さを両方を持っていることが多いですが、どちらの方がより強く持っているかの違いなんです。

それは、同じ風は風でも、「正面からの風」と「背中からの風」の違いとも言えます。

「孤立への怖さ」は
離れる方向(正面からの風)
「孤独への怖さ」は
近づく方向(背中からの風)

なんですよね。そしてそれは、そもそも夫婦喧嘩自体のとらえ方からして違いを生んでいるんです。

夫婦喧嘩で孤立を感じると無視になる

夫婦喧嘩で孤立を感じると無視になる

一方のパートナーは、夫婦喧嘩をすると「孤立した」という強すぎる感情に襲われることが多いと私は感じています。「孤立」への怖さとは、

集団の中での1人ぼっち感

です。人と一緒にいるときに感じる感情です。みんなの中で1人だけ、あるいは、相手との関係でつながる才能を持つことが自分はできていない。

そんな実感を突きつけられると、どうしても耐えられなくなるんです。

人間失格の烙印

を押されているような感覚になるからです。誰でも、そんな自分を認めたくはないですよね。だから、自分から目をそむけたくなる。そうすると、

「孤立」から「孤独」へと
逃げ込みたくなる

んですよね。1人になろうとするんです。その方が、孤立するよりはまだ、すこしだけ安心できるかもしれないと期待するからです。

つながる才能(コミュニケーション能力)がないわけではないんですよ。でも、うまく才能を発揮できた経験が少ないので、自信を持つことができないんですよね。

そんな自信がない状態で、つながる才能を発揮しようと頑張りすぎると、

力が入りすぎてしまう

んです。力が入りすぎた緊張状態だと、才能がうまく発揮できません。そして、ちょうどいい落としどころの肌感覚がわからないので、より高い理想を目指してしまいやすいんですよね。

うまく才能を発揮できた経験が少ないとは、遠くから見ていることと同じです。遠くから見ていると、人は「高い理想」を掲げてしまいやすくなります。近くまで近づいて、初めて現実に気づくことができるので、「現実的な」対応が初めてできるようになるんですよね。

そんな孤立感を抱いている人は、「才能が発揮できていない」だけなのに、

「=才能がない」と勘違いして

しまいやすいんです。すると、自暴自棄になるわけです。みじめな自分を見ていることが辛くなる。だから、その場から立ち去ろうとしてしまうんですよね。

それが、無視へとつながっていきます。パートナーと一緒にいるだけで、会話しているだけで、孤立感がフツフツと蘇ってくる。わきあがってくるイヤな感情を直視できずに、目をそらしてしまうんです。

つまり、本当は自分から目をそらして、

自分を無視しようとしている

んです。そんな目をそらしたい自分を見ているのは、自分というよりも、パートナーやみんななんですよね。そう見られていると感じてしまうんです。

自分を見ている「目」を、
パートナーやみんなに重ね合わせている

んです。ですので結果的に、パートナーからも思わず目をそらしてしまう。それが「無視」になるんですよね。

「孤立への怖さ」の中身

「孤立への怖さ」の中身

そんな孤立感を抱いている人が逃げ込もうとする「孤独」とは、1人でいるときに感じるものとも言えますよね。ただ、「孤立」から「孤独」へと逃げたら安心できるのかと言われると、それが難しいんですよね。

自分を守るために、どうしようもなくなって逃げ込んでいるだけで、人とつながりたいという強い想いは消えていないからです。

「孤独・1人」を楽しむことができればいいのですが、人とつながりたいと思えば思うほど、

1人でいる「孤独」を
嫌悪していてしまうようになる

からなんです。心の安定を求めて「孤独」という個室へと逃げ込む。ですが、個室の中では

「人とつながる強い怖さ」

「人とつながりたい強い想い」
の格闘が待っている

んですよね。それは、答えが出せない膠着状態・終わりの見えない格闘です。希望のない葛藤は、心をひどく消耗させるものです。

そんな心の中の闘いが苛烈になればなるほど、疲れ果てて、リセットしたくなるんですよね。爆弾という名の「怒り」を自分に投下して、荒れ果てた荒野にして、1から街づくりをし直したくなるです。人生をやり直したくなるんですよね。

さらにそんな状況だと、孤独という個室の外の世界が気になってしまうんですよね。幸せな笑い声が外から聞こえてくるような気がしたり、

みじめな自分への誹謗中傷が巻き起こっている

ように感じたりするんです。

すると、巻き添えにしたくなってしまいます。自分にだけではなく、外の世界にも爆弾を投下したくなるんですよね。その爆弾が、無視・ため息・嫌味・怒りなどにつながってくるんですよね。

虫唾が走るほどに嫌っている「孤独」という場所が、落ち着くわけがありません。ただ、「孤立」するよりはまだマシだと感じている。「孤独・1人」が行きたい場所なのではなく、行きついてしまっただけなんですよね。

夫婦喧嘩で孤独を感じると無視になる

夫婦喧嘩で孤独を感じると無視になる

では、もう一方のパートナーも無視になってしまうのは、なぜなのでしょうか。しかも、その理由がなぜ「孤独」への怖れなのでしょうか。前提として、

「孤独」への怖さには強弱がある

と私は思っています。

「孤独」への怖さがすこし弱め(それでも強いですが)だと、「孤独」感を解消しようとする方向に向かいます。つまり、話し合いをしたり、謝ったりして、夫婦関係を再構築しようと頑張るわけです。

一方で、「孤独」への怖さが強すぎた場合、夫婦関係の修復よりも、1人っきりになる怖さの方が勝ってしまうんですよね。自分の「孤独」感を解消しようとすることがワガママだと感じてしまうんです。

我慢しすぎてしまうんです。

「1人になりたい」というパートナーの言動に反することをすることで、私が本当に孤独・1人になってしまったらどうしようと強い不安に襲われるわけです。

自分よりも相手。

行動するよりも待つ。パートナーの言動に応えることを優先するという受け身の体勢を取ることで、「孤独・1人」になることを食い止めようとするんです。

つまり、パートナーの言動が気になりすぎて、

自分の意思で行動ができなくなってしまう

んです。萎縮して行動を起こせないことが、客観的に見ると「無視」をしているように見えてしまうんですよね。

夫婦がお互いに無視をする関係に陥っているとき、「孤立への怖さ」と「孤独への怖さ」が引き起こしてしまっていることが多いんです。

夫婦喧嘩でお互いに無視してしまうときの仲直りの方法

夫婦喧嘩でお互いに無視してしまうときの仲直りの方法

ただ、よく考えてみると、

お互いに「1人がイヤ」

なんですよね。イヤというよりも、「イヤすぎる」んです。そこは、2人に共通している点なんですよね。

誰かと一緒にいたい。その気持ちが強いけれども、うまくできないだけなんです。繰り返しになってしまいますが、「1人がイヤだ」という気持ちが

強すぎるからこそ、
1人になってしまっている

んですよね。

では、そんなお2人の素直な気持ちをどう引き出していけばいいのでしょうか。それは、お2人の「性格」や「仕事」「親族関係」「付き合ってきた経緯」「環境」などによって、ご提案できる具体的なアプローチは変わってきてしまいます。

ですが、まずは、

お互いの夫婦の本当の気持ちを、
頭の片隅に置いておく

ことから始めてみましょう。本当は「1人になりたいわけじゃないのかも…」そういう目線です。頭の片隅に置いておきながら、パートナーの日々の言動を見直してみましょう。

それだけでも、見えてくる世界がすこしずつ変わってくるはずです。

「怖さ」をやわらげることが、何よりも大切

ですよね。「怖さ」は、見えている世界が変わらないかぎり、緩まらないものだと思いますよ。

心理カウンセラー・岩田昌樹
ことり電話のコンセプト

財布に優しい!
夫婦喧嘩で仲直りしたいときの相談料金

電話カウンセリング・悩み相談料金

\ 財布に優しい /

1分 130円(税込143円)

ご料金・支払方法はこちら

悩みが消えたら何がしたいですか?
ご予約はこちらから


    人間関係全般を得意分野としています。

  • 恋愛成就、復縁、片思い、不倫・浮気、婚活、恋愛テクニック
  • 夫婦、家庭、自己肯定感、不安、寂しさ、自己コントロール
  • 仕事のモチベーション維持、職場での人間関係、転職、復職や休職、経営、採用...など
ご予約はこちらから

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、
夫婦喧嘩を修復する方法をお伝えできます。

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、夫婦喧嘩を修復する方法をお伝えできます

「ことり電話」は、夫婦でつくったカウンセリングルームです。

1、『夫』と『妻』
2、『男性目線』と『女性目線』
3、『カウンセラー』と『相談者』

わたしたち夫婦は、立場や考え方・価値観が違う2つの目線で、お互いに話し合ってきました。

わたしたち2人の夫婦仲も、もちろん順風満帆だったわけではありません。

  • 夫婦喧嘩を繰り返し、「関係修復」への道が長く閉ざされたり…
  • 男性性が強い夫と、女性性が強い妻で、意思疎通がうまくいかなかったり…
  • 仕事がうまくいかず、経済的に不安定な中、お互いに「罪悪感」を刺激しあったり…
  • 「離婚」という言葉が、ケンカのたびに出てきてしまったり…
  • 2回つづいた流産に心を痛め、長い不妊治療の末、ようやく子どもを授かったり…
  • お互いに大事にしていることの違いが、勘違いの連鎖を生んでしまったり…

長い長い紆余曲折・離婚の危機を、夫婦2人で乗り越えてきたからこそ、カウンセラーとしての深みも出てきたと感じています。

心理学などの理論も、もちろん大事です。それ以上に、夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、伝えられるパートナーシップの実体験が、話に深みをもたらすのではと、わたしたちは考えています。

ご予約はこちらから

夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ

夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ
    夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ

    98.4%

    総合評価: 4.83

  • 心理学の視点や岩田先生の経験からのアドバイスを頂けて良かったです。夫婦関係で学んでいるとNG行動としてあることを恐れすぎて、境界線をくっきりすっきり分けていてそのことが二人の壁を作っていることに初めて気がつくことができました
    実際どのように行動していくと良いかまで気づくことができてあとは勇気を出して行動したいと思います!優しく話を聞いてもらい、勇気と希望を頂けた1時間でした
    また、報告や相談ができたらいいなと思います♪(良かったら再度カウンセリングを受けることはないかもしれませんがっ!!笑)

    点数評価:
  • 相談予約はしたものの何からどうお話したらいいのか緊張したまま始まりました。支離滅裂しどろもどろな私の話を優しい声で聞いていただき、ありがとうございました。話をし、質問にお答えしているうちに、だんだん糸がほぐれるように問題がみえてきて、1時間経つ頃には明るい気持ちになりました。これで全てが解決という事にはいかないかもしれませんが、いただいたアドバイスとお言葉を大切に、前を向いていけそうです。
    お電話を切ったら最近食欲も無かったのに、お腹が空いてきました。
    ほんとうにありがとうございます。
    また、ご相談電話の前にyoutubeを見せて頂きました。そちらも大変参考になりました。お礼申し上げます。

    点数評価:
  • 同じ考えと感情でグルグル回り続けて疲れ果てていたところに、違う視点と捉え方を見せていただいて視界が開けた感じです。相手に対する全然違う見方を見せていただいた感じです。
    もうどうにもならないとまだ諦めなくても、もしかしたら違う見方とアプローチでいけば何か変わるのかもと、道が見えた感じです。同時に、今まで何年も一緒にいて、何にも見方を変える事をしない(気付かなかった)自分の視野の狭さや器の小ささにも愕然としました。やってみて撃沈続きの可能性が大きそうですが、それも言われたので、ある意味安心しました。こんなに憎らしく否定的に見えていた夫の事を、「実は純粋で優しい人なんだと思う」と言われてなぜかホ〜ッとやけに嬉しい感情が湧いたのは自分で不思議でした。ありがとうございました

    点数評価:
  • HPを見てYouTube等を参考にことり電話に相談したいと感じ、初めて技術あるカウンセラーにパートナーとの関係性を相談しました。
    技術あるプロのカウンセラーも人それぞれと思いながら色々と不安もありましたが、予約をする時どのような寄り添いが良いか選択ができ、事前にYouTubeでカウンセラーの雰囲気を感じることができたので安心して相談をすることができました。
    普段は、周りに相談をしても話しを聴いてもらう流れが会話を持っていかれたり、相談相手の話しにすり替えられたりしてモヤモヤが増すばかりでしたが、ことり電話さんに話しを聴いてもらい寄り添った対応のおかげ様で自分では気づけない部分を気づくことができ、心が軽くなる瞬間も体感できました。
    しっかり話を聴いてもらえることで、安心感や心の居心地の良さができ、さらに自分と向き合えることが実感でき相談をして良かったです。また何かあった時はことり電話を利用したいと思います。

    点数評価:
  • 夫にイライラする出来事があり、誰かに聞いてほしい!と衝動的に利用しました。イライラの内容を話しているとイライラの本質が見えてきて実は自分で自分に腹が立っていたと気づきました。話を聞いていただいている間、話を遮ることなく優しい声で受け止めてくださり、本当はすごく良い夫だったと再確認しました。私の本質的問題である自分を認められないところに対しては、アドバイスをくださり、それを今日から実践していきます。電話終盤には最初のようなイライラは消えていました。ありがとうございました。

    点数評価:
  • 夫婦関係を相談したすべての口コミを見てみる ➡

夫婦関係がうまくいかなくなると、心が落ち着かないですよね。

夫婦関係がうまくいかなくなると、心が落ち着かないですよね。

私は別れたくないのに、パートナーから離婚したいと言われてしまった。そんな風に夫婦関係がうまくいかなくなると、冷静さを失ってしまうものですよね。でも、

「どうにかしなければ!」
「早くしないと!」
「とにかく話し合わないと!」

そんな風に焦れば焦るほど、離婚を切り出したパートナーは、離婚に固執してしまうものです。頑なになっていくものです。

ひとりで悩まなくていいんですよ

もしかしたら、離婚について何度話しあっても強く迫られてしまい、「もう離婚を受け入れるべきなのかも…」とあきらめかけていませんか?

今、あなたに必要なのは、

  • ココロの余裕づくり
  • 第三者の視点
  • オリジナルの提案

なのかもしれませんよ。夫婦関係を修復することに頑張りすぎてしまったあなたの心を、カウンセリングで癒す、やさしさあふれるお悩み相談室です。

    100% あなたの味方ですよ 

  1. 「否定」しません。
  2. 意見を「押し付け」ません。
  3. 「答え」を引き出します。

気持ちに寄り添いつづけます

気持ちに寄り添いつづけます

悩み相談いただく内容で、数多く寄せられるのは「夫婦関係」の悩みです。それだけ、お互いの「正しさ」のぶつかりあいを解消することができず、悩んでいる方が多いということでしょう。

  1. 身近な人には、夫婦の悩みを相談しづらい
  2. 辛すぎる気持ちに共感してもらいたい
  3. 話して、不安感をスッキリさせたい
  4. 夫婦関係修復のために、考えを整理したい
  5. 夫婦関係修復の専門家の意見が聴きたい

そんな皆さまの要望に、とことん寄り添わせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

夫婦関係修復の悩み相談動画「YouTube」

すべてのYouTube動画を見てみる→

夫婦関係修復のための特集ページ

夫婦関係・修復相談事例

すべての相談事例を見てみる→

夫婦関係を修復するためのブログ

お互いに無視し合う夫婦喧嘩を修復したいときは、まずは相談してみませんか?

お互いに無視し合う夫婦喧嘩を修復したいときは、まずは相談してみませんか?

夫婦関係の修復に悩むあなたに
”明日への希望”をご提案します。

「夫婦喧嘩の後ずっと無視」
「別居・離婚したくない」
「お互いに無視する夫婦」など…。
ネットで検索をして、夫婦喧嘩の修復方法を調べてみる。でも…

『私たち夫婦には、当てはまらないかも…』
別居を受け入れるしかないのかな…』
『私だけが悪いのだろうか…』

そう感じてしまうことはありませんか?

夫婦関係をよくしたいと思って調べたけれど、
辛辣すぎる意見ばかり…。
もう離婚しかないのかな…。
と、さらに憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。


修復できない夫婦関係に希望を

修復できない夫婦喧嘩に希望を

もうこれ以上、友だちや親には、夫婦の悩みを聞いてもらうことはできない…。

そんな時は「悩みを聴いて、解決の糸口を見出す」カウンセラーに悩みを打ち明けてみませんか?
修復できない夫婦の悩みを、気兼ねなく思う存分相談できますよ。

” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

お互いに無視し合う夫婦喧嘩を修復したいときは
「聴くプロ」のカウンセラーに

お互いに無視し合う夫婦喧嘩を修復したいときは「聴くプロ」のカウンセラーに

ゆっくりと話を聴いてもらい、すべての気持ちを吐き出すことで、3つの効果が生まれると言われています。

  • カタルシス効果 …
    誰かに悩みを打ち明けることで、気分が楽になる効果
  • バディ効果 …
    孤独感から解放される効果
  • アウェアネス効果 …
    自分の考えや感情などの理解が深まることで、頭の中が整理される効果

カウンセラーは「じっくりと話しを聴いて、解決の糸口を見出す専門家」です。
3つの効果を最大限引き出していきながら、

『明日から、こう行動しよう!』
『明日から、こう考えよう!』
『明日から、これを目指そう!』

そんな明日への希望を、持ち帰っていただきたいと、私たちは思っています。

「夫婦喧嘩でお互いに無視してしまう心理と疲れたときに仲直りをする方法」と同じカテゴリーはこちら