ご予約はこちらから
夫婦仲改善・修復のきっかけとなるたった1つの方法|離婚を考え直す手紙・ことり電話【夫婦カウンセリング】

夫婦仲改善・修復のきっかけとなるたった1つの方法|離婚を考え直す手紙・ことり電話【夫婦カウンセリング】

夫婦仲改善・修復のきっかけとなるたった1つの方法|離婚を考え直す手紙

夫婦仲改善・修復のきっかけとなるたった1つの方法

こんにちは。カウンセリング実績3,900件以上の夫婦関係修復カウンセラーの岩田昌樹です。

夫婦関係・夫婦仲が、ずっとギクシャクしている…。夫婦が一緒の空間にいるだけで、

重苦しい雰囲気が充満

していく…。長い1日がようやく終わって、すこし息を抜いた瞬間に、疲れがドッと流れ込んでくる…。

夫婦仲が改善・修復していく兆しが見えない将来への不安。私の気持ちもわかってほしいイライラ感。パートナーから発せられる厳しい視線が、フラッシュバックのように蘇ってくる恐怖感

私が悪いのかも…

そう思う一方で、次の瞬間には、パートナーを責める気持ちが猛烈に襲ってくる…。ぐるぐると駆け巡り、揺れ動きつづけるモヤモヤ感が、休む間もなく次々と襲ってくる。

こんな日々が続くのは、もうイヤだ。

この状況から抜け出すために、どうにかして、夫婦関係・夫婦の仲を改善・修復するキッカケや方法が知りたい。

そんな夫婦関係改善・修復のご相談をよくいただきます。もちろん、それに対して私がご提案させていただく内容は、ご夫婦の事情や経緯などによって様々です。

ですが今回は、たった1つに厳選してみたいと思います。「夫婦仲の改善・修復できました!」そんな

嬉しいご報告をいただくことが一番多い

「夫婦仲改善・修復のキッカケ(ご提案内容)」をご紹介させていただきます。

心理カウンセラー・岩田昌樹

\動画でもご覧いただけます/

夫婦仲改善・修復のきっかけとなるたった1つの方法|離婚を考え直す手紙

夫婦仲修復・改善のきっかけを知る前に

夫婦仲修復・改善のきっかけを知る前に

夫婦仲の改善・修復をしたいときに、真っ先によくしてしまうことは、

「パートナーに対して何をすれば」

関係修復・改善ができるのか?を考えることではないでしょうか。つまり、

  • 「パートナーをホメる」
  • 「パートナーの前で笑顔でいる」
  • 「パートナーに謝る」
  • 「パートナーに感謝する」

などです。もちろん、それも大切なことだと思います。ですが、私はその最初の方向性を少し変えた方が、夫婦仲の改善・修復をしやすいのかもしれないなと感じています。

夫婦仲がギクシャクしているときは、パートナーのちょっとした言動が気になってしまうと思いますし、

  • 「うまくいかなかったどうしよう?」
  • 「パートナーは浮気しているのかも?」
  • 「パートナーは離婚を考えているのかも?」

などと、色々とネガティブなことを想像してしまいますよね。というよりも、「しすぎて」しまうものだと思います。

すると、一刻も早く現状から抜け出したいと思うでしょう。あるいは、パートナーの厳しい表情を目の当りにすると、私が悪いと日々責められているような気がして、

「パートナーの気持ちがすぐに変わる方法」

必死になって探してしまうのではないでしょうか。

ですので、「パートナーに対して何をするか」という答えを求めがちになってしまうのも仕方がないと思います。ただ私は、「パートナーに対して何かをする」よりも、

「自分と向き合って、その結果を
パートナーにどのように伝えるのか?」

の方が、夫婦仲の改善・修復のためには大切だと思っています。

意識の矢印の方向をパートナーに向けるのではなく、「私自身」に向けた方が、修復・改善がうまくいく可能性が高いことが、実は多いんですよね。

夫婦仲のギクシャクをやわらげるには

夫婦仲のギクシャクをやわらげるには

お互いに不満を抱いているからこそ、夫婦仲・関係がギクシャクしているわけです。

そんなパートナーの不満感をなんとか和らげようとしても、パートナーはコントロールされているように感じて、抵抗することも多いんですよね。パートナーの性格にもよりますが、

逆に不満感が増してしまう

ことだってあるでしょう。

ですので、夫婦関係修復・改善のためには、

  • これまでの夫婦生活を、丁寧に振り返ってみること
  • パートナーのイメージを、もう一度描き直してみること

この2つの方法が効果的だと私は考えています。どちらも、私自身とどう向き合うかがスタートなんですよね。ただこの2つは、

実践することが意外と難しい

んです。重苦しい雰囲気が続く中で、ネガティブな思考に襲われる中で、冷静に時間をかけて向き合うことは至難の業なんですよね。

そこで、私がオススメしていることは、

「夫婦の想い出の手紙を書く」

ことです。なんだ、そんなことか!と思われるかもしれませんね。ただ、みなさまが書かれているお手紙のお話をお伺いしていると、書く方向性が、私がイメージしている方向性とは少し違っているように感じることが多いんです。

その方向性の違いを、これから詳しくご説明していきたいと思います。

夫婦仲修復・改善のきっかけになる手紙とは

夫婦仲修復・改善のきっかけになる手紙とは

「夫婦の想い出の手紙」を書く上で、私が大切だと感じているポイントは下記の7つです。

  • ひとり言のように書く(日記風)
  • 想い出話を一方通行で書く
  • できるかぎり具体的に書く(涙があふれてくるぐらい)
  • パートナーには何も求めない(修復・改善希望を伝えない)
  • すぐに渡さない
  • 謝罪しない
  • 感謝しない(感謝を目的にしない)

私が考える手紙のイメージは、ありのままに近い私の心の内側を、パートナーに

「のぞき見」してもらう。

そんなイメージです。

夫婦仲がギクシャクしているときにパートナーが考えていることは、実は私と同じなんです。お互いに同じ感情で悩んでいることが多いんです。その多くは、

  • パートナーが私のことを、
    わかってくれていないという「寂しさ」
  • パートナーが私のことは、
    もう必要としていないという「無価値観」
  • パートナーが私のことを、
    もう愛していないという「不信感」

その3つのネガティブ感情に襲われて、悩み苦しんでいるんです。

パートナーと私がお互いに本当に欲しいと願っていることは、そのネガティブ思考を打ち消してくれる「相手の気持ち」です。相手が私のことを

  • 「わかってくれている」
  • 「必要としている」
  • 「それが本心である」

という確信に満ちた答えなんです。つまり、

お互いに、相手の気持ちを知りたい

と思っているんですよね。

実は、夫婦仲がギクシャクしているときは、夫婦がお互いに誤解しているだけであることも多いんです。その誤解さえ解ければ、夫婦仲はいとも簡単に改善・修復していくはずなんですよね。

夫婦仲修復・改善方法①「ひとり言のように」

夫婦仲修復・改善方法①「ひとり言のように」

1つ目は、「ひとり言のように書く」ことです。これは、

「本心を知ってもらう」ため

です。パートナーに向けて書こうと思えば思うほど、パートナーの気持ちを配慮しすぎた文章になりやすいですし、関係を修復したいという気持ちが見え隠れしすぎてしまうものです。

そういう文章は得てして、本心がヴェールに包まれているような、ギクシャクした不信感がある関係性の中では、疑いを抱いてしまう文章になりやすいんです。

伝えるための文章ではなく、私が私と会話しながら、ただ

想い出を振り返っているように

書く。それを、パートナーにも外から見てもらっている。そんなイメージで書いた方が、リアルで本当の私の気持ちが知れたと、きっと思ってくれるのではないでしょうか。

念のためにお伝えしておくと、あくまで「ひとり言のように」です。

「完全なひとり言」で書くわけではありません。「〇〇したよね」と問いかけるように書くイメージではありますが、私の想い出話を外から見てくれているパートナーにも、時々共感を求める。そんなイメージです。

夫婦仲修復・改善方法②「想い出話を一方通行で書く」

夫婦仲修復・改善方法②「想い出話を一方通行で書く」

2つ目は、「想い出話を一方通行で書く」ことです。これは、

「意識の矢印を私に向けるため」

です。自分自身と向き合うために書くということです。夫婦仲がギクシャクしていると、どうしてもパートナーへの不安や修復方法、不満、相手の気持ちばかりが気になってしまいますよね。

不安や相手の気持ち、不満などが強すぎてしまうと、自分に意識を向けているつもりでも、いつのまにかパートナーに言われた言葉や行動に囚われてしまうものです。

手紙は、相手のために書くものでもあるとは思いますが、自分と向き合っている要素もかなりあるはずです。私自身の気持ちを丁寧に、

目に見える形で、言葉にする

ことに集中する。私自身との対話の中でしか、他の人に振り回されていない素直な気持ちは伝わらないはずですよ。

夫婦仲修復・改善方法③「できるかぎり具体的に書く」

夫婦仲修復・改善方法③「できるかぎり具体的に書く」

3つ目は、「具体的に書く」ことです。これは、

「想い出にひたりきるため」

です。どれぐらい私自身の感情をゆさぶることができるかが、手紙の出来を左右すると私は思っています。

  • 「雲ひとつない晴れ渡った気持ちの良い日に、〇〇スーパーの前の通りを歩いていたら、小さなお花屋さんの前に、50本以上の白いバラが咲いていてね。そのたくさんの白いバラを見た瞬間に、○○が昔くれた花束を思い出したの。あのとき「〇〇」って言ってプレゼントしてくれたよね。」

読んだ瞬間に、想い出の情景がパッと浮かんでくるかのように表現する。夫婦ふたりの心が手を取り合っているかのような温かさが、

今この瞬間に蘇ってきたかのような

文章。血の通っていなかった心に、温かい命が通い始めたかのような感覚。それが、

  • 私が「愛している」
  • 私を「愛してくれている」

ことを確信できる瞬間なのではないでしょうか。

夫婦仲修復・改善方法④「パートナーには何も求めない」

夫婦仲修復・改善方法④「パートナーには何も求めない」

4つ目は、「パートナーには何も求めない」ことです。これは、

「求めると、拒否される」

ことも多いからです。

すべてではありませんが、パートナーに対して関係改善や修復などのお願いをすればするほど、パートナーはコントロールされているように感じて、態度を硬化させてしまう場合も、実は多いんです。

あるいは、とにかく関係改善という結果だけを求められて、夫婦仲がギクシャクしてしまった

根本的な原因や不満はウヤムヤに

されてしまっているように感じるからです。

もちろん、関係修復を求められないよりは、求められる方が嬉しいんですよ。ですので、うまくいくときもあります。ただ、リスクがあるんです。

手紙を渡すだけで、関係改善を求める気持ちは、充分に伝わっているはずです。手紙を渡す行動だけで伝わっているのに、さらに要望を伝えてしまうとどう思うでしょうか。

すべて相手の思い通りに動くことを、人はイヤがる

ものです。パートナーが自分の意思で動ける余地を残してあげた方が、パートナーも気持ちよく行動に移せるのではないでしょうか。

夫婦仲修復・改善方法⑤「すぐに渡さない」

夫婦仲修復・改善方法⑤「すぐに渡さない」

5つ目は、「すぐに渡さない」ことです。これは、

丁寧に自分自身と向き合うため

です。パートナーの気持ちを変えることも大切かもしれませんが、それ以上に、私自身のパートナーを見る目を変えていかなければ、本当の意味での関係改善・修復にはつながらないと私は思っています。

何度も何度も、書いては読み返し、書いては読み返しを繰り返して、夫婦2人の想い出を心に刻み込んでいきましょう。

想い出が心に沁みわたっていくと、私の心に余裕が生まれ、表情にも、言葉にも、行動にも

柔らかさが自然と生まれてくるはず

です。夫婦仲を改善・修復していくためには、「まずは私から」が鉄則だと思いますよ。

夫婦仲修復・改善方法⑥「謝罪しない」

夫婦仲修復・改善方法⑥「謝罪しない」

6つ目は、「謝罪しない」ことです。これは、

パートナーの顔色を伺わないため

です。

  • 「ごめんなさい」
  • 「変わります」
  • 「反省しています」

手紙を書いていると、ついそういう言葉が出てきてしまうものですよね。

ですが、謝罪が生まれる要因であるパートナーが私を責める言葉は、

「かりそめの姿」

であることも多いんですよ。その裏側に潜んでいる本当の姿は、パートナー自身への「罪悪感」「無価値観」なんです。

自分自身と猛烈に闘っている

んです。そして、その様子が表に出てくるときには、相手への攻撃という姿に変換されてしまうんです。それは、

プライドがあるから。

特に、「罪悪感」「無価値観」が強いと、自分の弱さを隠したくなるものなので、表と裏で真逆の言動になってしまうことがよくあるんです。

自分への「罪悪感」「無価値観」が本当の姿なのに、相手に謝られたら…。なんだか居心地が悪くなるのではないでしょうか。

もちろん、表向きには夫婦仲の改善・修復に向かうこともあるでしょう。ですが、本当に欲しい言葉は、

相手の温かい気持ち

なんですよね。

夫婦仲修復・改善方法⑦「感謝しない」

夫婦仲修復・改善方法⑦「感謝しない」

7つ目は、「感謝しない」ことです。これは、

方向性を見失わないため

です。もちろん、感謝が悪いわけではありません。感謝を手紙の主な目的にはしない方がいいということです。私がオススメしたいことは、あくまで、

自分と向き合い、
それを外から見てもらう

スタンスです。感謝が自然とにじみ出てくる分には問題ありませんが、感謝を意識すると、いつのまにかパートナーの顔色がチラついてしまうものです。

それは、手紙を渡した効果や結果を、必要以上に求めてしまうことにつながりやすいんです。

過剰な期待は、裏切られる

ことがほとんどです。それは、夫婦関係をさらに悪化させてしまう大きな要因にもなりかねないと私は思いますよ。

夫婦仲修復・改善の意味

夫婦仲修復・改善の意味

私がオススメしたい「夫婦仲を修復・改善する手紙」の意味するところは、誰に対しても伝えられる言葉ではなく、

夫婦の間でしか伝わらない言葉

が大切だということです。「手触りのある言葉」という雰囲気でしょうか。

  • 「ありがとう」
  • 「ごめんなさい」
  • 「感謝しています」

それらは、大切な言葉だと思います。でも、つい出てしまう言葉でもありますよね。それは、特別感のない言葉と言えるのかもしれません。

「2人だけの世界を共有する」

そこでしか、深い絆は生まれないのかもしれませんよ。

心理カウンセラー・岩田昌樹
ことり電話のコンセプト


夫婦仲を改善するキッカケが知りたいときの相談料金

電話カウンセリング・悩み相談料金

\ 財布に優しい /

1分 130円(税込143円)

ご料金・支払方法はこちら

悩みが消えたら何がしたいですか?
ご予約はこちらから


    人間関係全般を得意分野としています。

  • 恋愛成就、復縁、片思い、不倫・浮気、婚活、恋愛テクニック
  • 夫婦、家庭、自己肯定感、不安、寂しさ、自己コントロール
  • 仕事のモチベーション維持、職場での人間関係、転職、復職や休職、経営、採用...など
ご予約はこちらから

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、
夫婦仲を改善する方法をお伝えできます。

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、夫婦仲を改善する方法をお伝えできます。

「ことり電話」は、夫婦でつくったカウンセリングルームです。

1、『夫』と『妻』
2、『男性目線』と『女性目線』
3、『カウンセラー』と『相談者』

わたしたち夫婦は、立場や考え方・価値観が違う2つの目線で、お互いに話し合ってきました。

わたしたち2人の夫婦仲も、もちろん順風満帆だったわけではありません。

  • 夫婦喧嘩を繰り返し、「関係修復」への道が長く閉ざされたり…
  • 男性性が強い夫と、女性性が強い妻で、意思疎通がうまくいかなかったり…
  • 仕事がうまくいかず、経済的に不安定な中、お互いに「罪悪感」を刺激しあったり…
  • 「離婚」という言葉が、ケンカのたびに出てきてしまったり…
  • 2回つづいた流産に心を痛め、長い不妊治療の末、ようやく子どもを授かったり…
  • お互いに大事にしていることの違いが、勘違いの連鎖を生んでしまったり…

長い長い紆余曲折・離婚の危機を、夫婦2人で乗り越えてきたからこそ、カウンセラーとしての深みも出てきたと感じています。

心理学などの理論も、もちろん大事です。それ以上に、夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、伝えられるパートナーシップの実体験が、話に深みをもたらすのではと、わたしたちは考えています。

ご予約はこちらから

夫婦仲改善の相談をしたお客様の声・口コミ

夫婦仲改善の相談をしたお客様の声・口コミ
    夫婦仲改善の相談をしたお客様の声・口コミ

    98.4%

    総合評価: 4.83

  • 心理学の視点や岩田先生の経験からのアドバイスを頂けて良かったです。夫婦関係で学んでいるとNG行動としてあることを恐れすぎて、境界線をくっきりすっきり分けていてそのことが二人の壁を作っていることに初めて気がつくことができました
    実際どのように行動していくと良いかまで気づくことができてあとは勇気を出して行動したいと思います!優しく話を聞いてもらい、勇気と希望を頂けた1時間でした
    また、報告や相談ができたらいいなと思います♪(良かったら再度カウンセリングを受けることはないかもしれませんがっ!!笑)

    点数評価:
  • 相談予約はしたものの何からどうお話したらいいのか緊張したまま始まりました。支離滅裂しどろもどろな私の話を優しい声で聞いていただき、ありがとうございました。話をし、質問にお答えしているうちに、だんだん糸がほぐれるように問題がみえてきて、1時間経つ頃には明るい気持ちになりました。これで全てが解決という事にはいかないかもしれませんが、いただいたアドバイスとお言葉を大切に、前を向いていけそうです。
    お電話を切ったら最近食欲も無かったのに、お腹が空いてきました。
    ほんとうにありがとうございます。
    また、ご相談電話の前にyoutubeを見せて頂きました。そちらも大変参考になりました。お礼申し上げます。

    点数評価:
  • 同じ考えと感情でグルグル回り続けて疲れ果てていたところに、違う視点と捉え方を見せていただいて視界が開けた感じです。相手に対する全然違う見方を見せていただいた感じです。
    もうどうにもならないとまだ諦めなくても、もしかしたら違う見方とアプローチでいけば何か変わるのかもと、道が見えた感じです。同時に、今まで何年も一緒にいて、何にも見方を変える事をしない(気付かなかった)自分の視野の狭さや器の小ささにも愕然としました。やってみて撃沈続きの可能性が大きそうですが、それも言われたので、ある意味安心しました。こんなに憎らしく否定的に見えていた夫の事を、「実は純粋で優しい人なんだと思う」と言われてなぜかホ〜ッとやけに嬉しい感情が湧いたのは自分で不思議でした。ありがとうございました

    点数評価:
  • HPを見てYouTube等を参考にことり電話に相談したいと感じ、初めて技術あるカウンセラーにパートナーとの関係性を相談しました。
    技術あるプロのカウンセラーも人それぞれと思いながら色々と不安もありましたが、予約をする時どのような寄り添いが良いか選択ができ、事前にYouTubeでカウンセラーの雰囲気を感じることができたので安心して相談をすることができました。
    普段は、周りに相談をしても話しを聴いてもらう流れが会話を持っていかれたり、相談相手の話しにすり替えられたりしてモヤモヤが増すばかりでしたが、ことり電話さんに話しを聴いてもらい寄り添った対応のおかげ様で自分では気づけない部分を気づくことができ、心が軽くなる瞬間も体感できました。
    しっかり話を聴いてもらえることで、安心感や心の居心地の良さができ、さらに自分と向き合えることが実感でき相談をして良かったです。また何かあった時はことり電話を利用したいと思います。

    点数評価:
  • 夫にイライラする出来事があり、誰かに聞いてほしい!と衝動的に利用しました。イライラの内容を話しているとイライラの本質が見えてきて実は自分で自分に腹が立っていたと気づきました。話を聞いていただいている間、話を遮ることなく優しい声で受け止めてくださり、本当はすごく良い夫だったと再確認しました。私の本質的問題である自分を認められないところに対しては、アドバイスをくださり、それを今日から実践していきます。電話終盤には最初のようなイライラは消えていました。ありがとうございました。

    点数評価:
  • 夫婦関係を相談したすべての口コミを見てみる ➡

夫婦仲がギクシャクすると、心が落ち着かないですよね。

夫婦仲がギクシャクすると、心が落ち着かないですよね。

夫婦仲がギクシャクすると、冷静さを失ってしまうものですよね。でも、

「どうにかしなければ!」
「早くしないと!」
「とにかく話し合わないと!」

そんな風に焦れば焦るほど、膠着状態を招いてしまうことも多いですよね。頑なになっていくものだからです。

ひとりで悩まなくていいんですよ

もしかしたら、何度話しあってもケンカが大きくなる一方、「もう難しいのかな…」とあきらめかけていませんか?

今、あなたに必要なのは、

  • ココロの余裕づくり
  • 第三者の視点
  • オリジナルの提案

なのかもしれませんよ。夫婦仲を改善することに頑張りすぎてしまったあなたの心を、カウンセリングで癒す、やさしさあふれるお悩み相談室です。

    100% あなたの味方ですよ 

  1. 「否定」しません。
  2. 意見を「押し付け」ません。
  3. 「答え」を引き出します。

気持ちに寄り添いつづけます

気持ちに寄り添いつづけます

悩み相談いただく内容で、数多く寄せられるのは「夫婦仲・関係」の悩みです。それだけ、お互いの「正しさ」のぶつかりあいを解消することができず、悩んでいる方が多いということでしょう。

  1. 身近な人には、夫婦の悩みを相談しづらい
  2. 辛すぎる気持ちに共感してもらいたい
  3. 話して、不安感をスッキリさせたい
  4. 夫婦関係修復のために、考えを整理したい
  5. 夫婦関係修復の専門家の意見が聴きたい

そんな皆さまの要望に、とことん寄り添わせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

夫婦仲改善の悩み相談動画「YouTube」

すべてのYouTube動画を見てみる→

夫婦仲改善のための特集ページ

夫婦仲改善の相談事例

すべての相談事例を見てみる→

夫婦仲を改善するためのブログ

うまくいく夫婦の特徴を知りたいときは、まずは相談してみませんか?

うまくいく夫婦の特徴を知りたいときは、まずは相談してみませんか?

夫婦仲の改善に悩むあなたに
”明日への希望”をご提案します。

「離婚回避する方法」
「別居・離婚したくない」
「夫婦関係 修復する方法」など…。
ネットで検索をして、夫婦関係の修復方法を調べてみる。でも…

『私たち夫婦には、当てはまらないかも…』
別居を受け入れるしかないのかな…』
『私だけが悪いのだろうか…』

そう感じてしまうことはありませんか?

夫婦関係をよくしたいと思って調べたけれど、
辛辣すぎる意見ばかり…。
もう離婚しかないのかな…。
と、さらに憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。


修復できない夫婦関係に希望を

修復できない夫婦関係に希望を

もうこれ以上、友だちや親には、夫婦の悩みを聞いてもらうことはできない…。

そんな時は「悩みを聴いて、解決の糸口を見出す」カウンセラーに悩みを打ち明けてみませんか?
修復できない夫婦の悩みを、気兼ねなく思う存分相談できますよ。

” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

夫婦仲を改善したいときは
「聴くプロ」のカウンセラーに

夫婦仲を改善したいときは「聴くプロ」のカウンセラーに

ゆっくりと話を聴いてもらい、すべての気持ちを吐き出すことで、3つの効果が生まれると言われています。

  • カタルシス効果 …
    誰かに悩みを打ち明けることで、気分が楽になる効果
  • バディ効果 …
    孤独感から解放される効果
  • アウェアネス効果 …
    自分の考えや感情などの理解が深まることで、頭の中が整理される効果

カウンセラーは「じっくりと話しを聴いて、解決の糸口を見出す専門家」です。
3つの効果を最大限引き出していきながら、

『明日から、こう行動しよう!』
『明日から、こう考えよう!』
『明日から、これを目指そう!』

そんな明日への希望を、持ち帰っていただきたいと、私たちは思っています。

「夫婦仲改善・修復のきっかけとなるたった1つの方法」と同じカテゴリーはこちら