ご予約はこちらから
夫婦喧嘩で仲直りする方法【離婚回避】カウンセラーおすすめ3選|ことり電話

夫婦喧嘩で仲直りする方法【離婚回避】カウンセラーおすすめ3選|ことり電話

夫婦喧嘩で仲直りする方法【離婚回避】

夫婦喧嘩で仲直りする方法【離婚回避】カウンセラーおすすめ3選

こんにちは。カウンセリング実績3,900件以上の夫婦関係修復カウンセラーの岩田昌樹です。

ちょっとした小さなことがキッカケで、夫婦喧嘩が勃発してしまう。あまりにも夫婦喧嘩が多いので、終わるたびに

「もう夫婦喧嘩はしたくない!」

そう強く決意することも多いですよね。それなのに…。気づけば夫婦喧嘩が始まってしまう。喧嘩の回数を重ねるごとに、ビュンビュンと音を立てるほど強さが増していく、夫婦の間の「すきま風」。

強烈な「すきま風」は、仲直りをしようと思う気持ちを、圧倒的な力で吹き飛ばしてしまうんですよね。そして、その圧倒的な風量を前にして、このままだと、

「離婚になってしまうかも…」

そんな不安が押し寄せてくるんです。

「離婚してしまうかも…」という強い不安は、仲直りしようと思う背中を押してくれる強いエネルギーになってくれるはず。ただ、そんな期待を抱けたのは一瞬だけだったということも多いんです。

パートナーを目の前にすると、なぜか身体が動かない。なぜか立ちすくんでしまう自分がいる。

そうして、夫婦喧嘩を少なくしたり、仲直りをすることがなかなかできなくなるんですよね。仲直りできる方法さえ浮かんでこないほど、夫婦の関係が冷え切ってしまう。そして、

疲れる。毎日、心がクタクタになる。

だから、なんとか夫婦仲直りをして、笑い合える関係に戻れる方法が知りたい。離婚だけはイヤなんです。という切羽詰まった状況でご相談をいただくことが多いんです。

今回は、そんなお悩みを持つ方に向けて、「喧嘩が繰り返されている夫婦が仲直りをする方法」「離婚を回避する方法」をご紹介してみたいと思います。

夫婦が仲直りをする方法3選

夫婦が仲直りをする方法3選

喧嘩が繰り返されている夫婦が仲直りをする方法として、私がオススメするポイントは3つです。

よく、夫婦喧嘩で仲直りする方法を考えるときに、「相手にどんなアプローチをすれば仲直りができるか」を考えてしまいますよね。それは、ある意味テクニック論とも言えます。

どんなにテクニックを磨いたとしても、夫婦の間で巻き起こっている強烈な「すきま風」が激しすぎる中では、その

テクニックが吹き飛んでしまう

ことが多いと、私は思うんです。今回は、より本質的な解決策です。

夫婦の間の「すきま風」を、暴風雨レベルではなく、そよ風レベルに変化させていくこと。どんな声かけをするかよりも、まずは環境を整えること。環境さえ整ってしまえば、どんな伝え方だったとしても、仲直りしやすくなる。私はそう思うんです。

それではさっそく、3つのポイントを1つ1つをご紹介してみたいと思います。

心理カウンセラー・岩田昌樹

\動画でもご覧いただけます/

喧嘩ばかりの夫婦が仲直りする方法【離婚回避】

夫婦喧嘩で仲直りする方法①「反省しない」

喧嘩ばかりの夫婦が、仲直りする方法①「反省しない」

1つ目は、「反省しない」ことです。

人は誰でも、ネガティブな出来事が起こると「自分が悪かったかな…」と反省するものですよね。

もちろん、そんな風に反省することが大切なときもあるかもしれません。ですが、意外と加減が難しいんですよね。知らず知らずのうちに、

「反省の世界」に入り込みすぎてしまう

ことが多いからです。入り込みすぎてしまうと、メリットよりもデメリットの方が大きくなる。弊害が大きく出てしまうことが多いんです。そして、抜けられなくなるんですよね。

抜けられなくなると、反省が反省ではなくなってしまいます。

反省という名の「自己攻撃」

が始まってしまうからです。反省が、いつのまにか自己攻撃の仮面をかぶるようになるんです。

反省という名の自己攻撃から抜けられなくなってしまったとき、人はどうするか。

耐え続ける
耐えられなくなって、他者攻撃に変換していく

そういう風に、最終的には他者への攻撃へと向かってしまいやすいんです。夫婦喧嘩のタネを作り出してしまうんですよね。

思わず、強く人を攻撃してしまうのは、自己攻撃から逃げるためなんです。

自分を守るため

なんです。自分を守るとは、「相手」の攻撃から身を守るためではないんです。その攻撃の発信源は、実は「自分」だったということが、とても多いんです。

反省とは「気づく」もの

反省とは「気づく」もの

「じゃあ、反省しないほうがいいんですね。」

そう念を押されるように聞かれると、「そうですね。」とも言えますし、「そうではないんです。」とも言えます。本当の反省とは、「見つける」ものではなく、自然に

ふと「気づく」もの

だと私は思うからです。

反省するために、反省する材料を見つけようと頑張って探していると、視界が狭くなるんです。頑張るとは、1点に集中しようとすることだからです。

1点に集中すると、執着にもつながって他を見ることができなくなるので、反省ポイントが見えなくなりやすいんですよね。

執着して見えなくなると、反省すること自体が「目的」になってしまうので、本当に反省するすべきポイントが見つかるというよりは、「すべてダメ」と

「全部否定」につながりやすい

んです。とにかく自分を責めるために、全部ダメだという「結論」を先に作り出してしまうんです。結論ありきの状態になるんですよね。

すると、目に付くものをとにかく「ダメ!「ダメ!」「ダメ!」と、自分のことを手当たり次第に責め続けるわけです。

こうなると、反省というよりも、戦略も何もない無差別攻撃のような状態とも言えますよね。そういう状況になると、

世界中のみんなから責められている。

そんな風に感じてしまうんですよね。明るい未来が描けなくなるからです。その結果、ちょっとしたパートナーの言動に敏感に反応して、すぐに夫婦喧嘩に突入してしまうようになるんですよね。

それが「反省する」の隠れた一面ではないでしょうか。

反省することをあきらめる。

「自分の何が悪かったのかな?」と考えてみる。でも、何かしっくりとこない。そんなときは、いったん反省することをあきらめる。あきらめるとは、いったん手放すことです。

すると、自分との間に距離が取れるので、

視野が広がる

んですよね。そんなときなんです。ふとした何気ない誰かとの会話から、「あれ?あっそっか!」と「気づく」んですよね。それが「反省する」の本来の姿ではないでしょうか。

ですので、「反省しない」ぐらいの方がちょうどいい。そう私は思っているんです。まったく「反省しない」人なんて、世の中にいないんですよね。

表面的には、「反省しない」人のように見えても、心の中ではきっと反省している。いや、

「反省していない」ように見える人ほど、
実は「たくさん反省している」。

「反省している」のように見えない人は、反省していると思われたくない人だからです。バレないように必死に隠そうと、努力しているだけなんですよね。

「謝る」の本当の意味。

「謝る」の本当の意味。

ちなみに「反省する」と、同時に「謝る」ことを必死にしてしまいやすくなります。

「謝る」と、とりあえずは仲直りして、夫婦喧嘩が収まったかのように感じるかもしれません。ですが、またすぐに夫婦喧嘩をしてしまうという悪循環のタネを、「謝る」が作り出してしまうと私は思っています。

「反省する」のと同じように、「謝る」こと自体が目的になりやすいからです。それは、

仲直りするために「謝る」

からです。仲直りのための「謝罪」は、本当の謝罪ではないですよね。その場を治めるためだけの謝罪は、夫婦の間に大きな禍根を残してしまうと思うんです。

謝るということは、「自分の気持ちをわかってもらえた」ということだと思っていたのに、

「わかってもらえていなかった」というショック

を日常生活の中で感じて、怒りが抑えられなくなるからです。つまり、仲直りのための「謝る」は次の夫婦喧嘩のタネをわざわざ作っているようなものなんです。

自然と「気づく」。そんな反省ができていると、「謝る」の意味、「謝り方」が同時に変わってくるんですよね。

仲直りという結果を得るために「謝る」わけではなくなるんです。「謝る」というよりは、どちらかというと、「自分を良くしていく」あるいは「パートナーの良さを知る」に近いんです。

自分自身を客観的に見て、ここが違うのかも…とただ思うだけ。過去の否定ではなく、明るい未来・将来の方向転換なんです。ですから、

「成長」であり「発見」的な

「謝る」になるんです。

夫婦喧嘩で仲直りする方法②「不安に気づく」

喧嘩ばかりの夫婦が、仲直りする方法②「不安に気づく」

2つ目は、「不安に気づく」です。

喧嘩が多い夫婦が仲直りするためには、

夫婦喧嘩の原因を知ること

が大切ですよね。

ただ知るのではなく、腑に落とすことです。腑に落とすとは、「反省しない」でもご説明しましたが「ふと気づく」ことです。決して「頑張って見つける」「自分をムリヤリ納得させる」ことではありません。

夫婦喧嘩の原因を、一生懸命に探そうとしないことなんです。

腑に落とすためには、これまでと少し違った目線で、私と相手の言動を見てみることです。表面的な理由ではなく、

根本的な理由

を知ろうとすることです。根本的な理由を知るためには、1つの言動をピックアップして、感情で判断するのではなく、冷静に、すべての言動の共通項を見ようとするスタンスが大切です。

これまでと「少し違った目線」を得るために、具体的にオススメしたいことは、

どんな不安があるか

という目線でみることです。共通項は「不安」であることが多いからです。

その不安の原因は、「仕事」だったり「子育て」だったり「お金」だったり。夫婦関係が直接の「不安原因」でないことが、実は多いんです。大切な相手だからこそ、パートナーに不安な気持ちをわかってほしいと思っているだけであることが多いんです。

「不安」を1人きりでは抱えきれない。

だから、パートナーにも一緒に抱えてもらいたい。それが、夫婦喧嘩が続いてしまう原因であることが多いんです。

でも、そのことに私自身もパートナーも、なかなか気づくことができないんですよね。だから、別の関係のない小さなイライラに火をつけて、代わりに爆発させてしまうんです。

代理戦争

なんですよね。「不安」を、他の小さな不満にポンっ!と乗せて、相手にぶつける。一緒に「不安」を抱えてもらいたいだけなのに、気づいていないから、思わずぶつけてしまうんです。

正体が見えていない。だから、解決しない。終わらない。夫婦喧嘩が続いてしまうんですよね。

夫婦喧嘩で仲直りするための着地点

夫婦喧嘩で仲直りするための着地点

夫婦喧嘩をなくすための上手な着地点。本当の意味での「仲直り」とは、代理戦争をやめることなんです。喧嘩の見せかけの原因に囚われてしまうと、

仲直りも「見せかけ」になってしまう

んです。表面的なケンカの原因の内側には、何が潜んでいるのか?「不安」さんが暴れているのかもしれないと、気づくことが大切なんですよね。

そして、「不安」には

「安心」という薬しか効かない

ことを知ることです。不安はなくすものではありません。なくそうと思えば思うほど、不安は暴れ出します。

「不安」は気づいてもらいたいから、騒いでいるんですよね。無視されたら、さらに存在をアピールしてくるのは、当然ですよね。

ですので、反対のもので、中和させてあげることが大切なんです。

  • もし、パートナーに「安心」の役割を求めたいのであれば、「不安」がイライラの原因であることを、ちゃんとパートナーに伝えることです。
  • パートナーのイライラの内側には、どんな「不安」があるんだろう?その不安の原因は、私以外のところにあるのかもしれないと気づけば、それは「安心薬」になるはずです。
  • もし、不安の原因がわかっているのであれば、まずはその不安材料から離れて、すこしでも「安心」に近づくことです。
  • もし、今は不安から離れることができない状況であれば、まずは気づいて、今は仕方がないと受け入れることです。受け入れようと覚悟することは、「安心」への第一歩ですから。

夫婦喧嘩で仲直りする方法③「心理的距離を変化させる」

喧嘩ばかりの夫婦が、仲直りする方法③「心理的距離を変化させる」

3つ目は、「心理的な距離感を変化させる」ことです。

心理的な距離感が近すぎると、夫婦喧嘩が多くなって、仲直りもなかなかできなくなるんですよね。心の距離が近くなるのは、パートナーに

「温かさ」を求めすぎてしまう

からなんです。私の心が冷え切っていると、温まりたくなって、無意識にどんどんと近づいてしまうんですよね。

身体が密接するぐらいの近さだと、すこし動いただけで、相手にぶつかってしまいますよね。それは、身体だけではないんです。心も同じなんです。

ぶつからないためには、パートナーの「温かさ」を感じる程度の距離は保ったまま、適度にすこし離れてみるしかないんです。あるいは、近づいたり、すこし距離を空けてみたりして、変化をつけてみることです。

ただ、夫婦喧嘩が多すぎる人にとって一番難易度が高くて難しいのは、適度な心理的距離を保ち続けることです。近すぎないし、遠すぎることもない。ちょうどいい距離感。でも、そのちょうどいい距離感が感覚的にわからないことが多いんです。

経験したことがないから

なんですよね。

ですので、適度な心理的距離を保つ目標は、すこし先延ばしにしてみる。それよりも、「近づいたり、すこし距離を空けてみたり、距離感に変化をつけてみる」ことをまずは意識してみましょう。変化をつける方が、どちらかというと実践しやすいからです。

  • ちょっと意識的に、ひとりを楽しむ。
  • ちょっと意識的に、ふたりで安心する。
  • ちょっと意識的に、子供を介して話してみる。

とにかく意識的に、距離感を動かしてみる。夫婦の関係性を、その時々で変化させていくんです。あるいは、

  • たとえば、父母という親になるとき。
  • たとえば、夫婦になるとき。
  • たとえば、彼氏・彼女になるとき。
  • たとえば、付き合い始めの関係のとき。
  • たとえば、家計のやりくりをするファイナンシャルプランナー役をするとき。

意識的に、そんな

「役」を演じてみる。

心理的距離の変化を楽しむ感覚を持つことができると、夫婦喧嘩の数はきっと減るはず。仲の良い夫婦になるためには、大切だと思いますよ。

心理カウンセラー・岩田昌樹
ことり電話のコンセプト

財布に優しい!
夫婦が仲直りする方法を知りたいときの相談料金

電話カウンセリング・悩み相談料金

\ 財布に優しい /

1分 130円(税込143円)

ご料金・支払方法はこちら

悩みが消えたら何がしたいですか?
ご予約はこちらから


    人間関係全般を得意分野としています。

  • 恋愛成就、復縁、片思い、不倫・浮気、婚活、恋愛テクニック
  • 夫婦、家庭、自己肯定感、不安、寂しさ、自己コントロール
  • 仕事のモチベーション維持、職場での人間関係、転職、復職や休職、経営、採用...など
ご予約はこちらから

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、
夫婦が仲直りする方法をお伝えできます。

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、夫婦が仲直りする方法をお伝えできます

「ことり電話」は、夫婦でつくったカウンセリングルームです。

1、『夫』と『妻』
2、『男性目線』と『女性目線』
3、『カウンセラー』と『相談者』

わたしたち夫婦は、立場や考え方・価値観が違う2つの目線で、お互いに話し合ってきました。

わたしたち2人の夫婦仲も、もちろん順風満帆だったわけではありません。

  • 夫婦喧嘩を繰り返し、「関係修復」への道が長く閉ざされたり…
  • 男性性が強い夫と、女性性が強い妻で、意思疎通がうまくいかなかったり…
  • 仕事がうまくいかず、経済的に不安定な中、お互いに「罪悪感」を刺激しあったり…
  • 「離婚」という言葉が、ケンカのたびに出てきてしまったり…
  • 2回つづいた流産に心を痛め、長い不妊治療の末、ようやく子どもを授かったり…
  • お互いに大事にしていることの違いが、勘違いの連鎖を生んでしまったり…

長い長い紆余曲折・離婚の危機を、夫婦2人で乗り越えてきたからこそ、カウンセラーとしての深みも出てきたと感じています。

心理学などの理論も、もちろん大事です。それ以上に、夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、伝えられるパートナーシップの実体験が、話に深みをもたらすのではと、わたしたちは考えています。

ご予約はこちらから

夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ

夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ
    夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ

    98.4%

    総合評価: 4.83

  • 心理学の視点や岩田先生の経験からのアドバイスを頂けて良かったです。夫婦関係で学んでいるとNG行動としてあることを恐れすぎて、境界線をくっきりすっきり分けていてそのことが二人の壁を作っていることに初めて気がつくことができました
    実際どのように行動していくと良いかまで気づくことができてあとは勇気を出して行動したいと思います!優しく話を聞いてもらい、勇気と希望を頂けた1時間でした
    また、報告や相談ができたらいいなと思います♪(良かったら再度カウンセリングを受けることはないかもしれませんがっ!!笑)

    点数評価:
  • 相談予約はしたものの何からどうお話したらいいのか緊張したまま始まりました。支離滅裂しどろもどろな私の話を優しい声で聞いていただき、ありがとうございました。話をし、質問にお答えしているうちに、だんだん糸がほぐれるように問題がみえてきて、1時間経つ頃には明るい気持ちになりました。これで全てが解決という事にはいかないかもしれませんが、いただいたアドバイスとお言葉を大切に、前を向いていけそうです。
    お電話を切ったら最近食欲も無かったのに、お腹が空いてきました。
    ほんとうにありがとうございます。
    また、ご相談電話の前にyoutubeを見せて頂きました。そちらも大変参考になりました。お礼申し上げます。

    点数評価:
  • 同じ考えと感情でグルグル回り続けて疲れ果てていたところに、違う視点と捉え方を見せていただいて視界が開けた感じです。相手に対する全然違う見方を見せていただいた感じです。
    もうどうにもならないとまだ諦めなくても、もしかしたら違う見方とアプローチでいけば何か変わるのかもと、道が見えた感じです。同時に、今まで何年も一緒にいて、何にも見方を変える事をしない(気付かなかった)自分の視野の狭さや器の小ささにも愕然としました。やってみて撃沈続きの可能性が大きそうですが、それも言われたので、ある意味安心しました。こんなに憎らしく否定的に見えていた夫の事を、「実は純粋で優しい人なんだと思う」と言われてなぜかホ〜ッとやけに嬉しい感情が湧いたのは自分で不思議でした。ありがとうございました

    点数評価:
  • HPを見てYouTube等を参考にことり電話に相談したいと感じ、初めて技術あるカウンセラーにパートナーとの関係性を相談しました。
    技術あるプロのカウンセラーも人それぞれと思いながら色々と不安もありましたが、予約をする時どのような寄り添いが良いか選択ができ、事前にYouTubeでカウンセラーの雰囲気を感じることができたので安心して相談をすることができました。
    普段は、周りに相談をしても話しを聴いてもらう流れが会話を持っていかれたり、相談相手の話しにすり替えられたりしてモヤモヤが増すばかりでしたが、ことり電話さんに話しを聴いてもらい寄り添った対応のおかげ様で自分では気づけない部分を気づくことができ、心が軽くなる瞬間も体感できました。
    しっかり話を聴いてもらえることで、安心感や心の居心地の良さができ、さらに自分と向き合えることが実感でき相談をして良かったです。また何かあった時はことり電話を利用したいと思います。

    点数評価:
  • 夫にイライラする出来事があり、誰かに聞いてほしい!と衝動的に利用しました。イライラの内容を話しているとイライラの本質が見えてきて実は自分で自分に腹が立っていたと気づきました。話を聞いていただいている間、話を遮ることなく優しい声で受け止めてくださり、本当はすごく良い夫だったと再確認しました。私の本質的問題である自分を認められないところに対しては、アドバイスをくださり、それを今日から実践していきます。電話終盤には最初のようなイライラは消えていました。ありがとうございました。

    点数評価:
  • 夫婦関係を相談したすべての口コミを見てみる ➡

夫婦が仲直りできないと、心が落ち着かないですよね。

夫婦が仲直りできないと、心が落ち着かないですよね。

いつも夫婦喧嘩ばかり。私は別れたくないのに、パートナーから離婚したいと言われてしまった。そんな風に夫婦関係がうまくいかなくなると、冷静さを失ってしまうものですよね。でも、

「どうにかしなければ!」
「早くしないと!」
「とにかく話し合わないと!」

そんな風に焦れば焦るほど、夫婦はうまくいかないものです。お互いの立場を頑なに守っていくものです。

ひとりで悩まなくていいんですよ

もしかしたら、「もう夫婦関係は元には戻らないかも…」「もう離婚をするべきなのかも…」とあきらめかけていませんか?

今、あなたに必要なのは、

  • ココロの余裕づくり
  • 第三者の視点
  • オリジナルの提案

なのかもしれませんよ。夫婦関係を修復することに頑張りすぎてしまったあなたの心を、カウンセリングで癒す、やさしさあふれるお悩み相談室です。

    100% あなたの味方ですよ 

  1. 「否定」しません。
  2. 意見を「押し付け」ません。
  3. 「答え」を引き出します。

気持ちに寄り添いつづけます

気持ちに寄り添いつづけます

悩み相談いただく内容で、数多く寄せられるのは「夫婦関係」の悩みです。それだけ、お互いの「正しさ」のぶつかりあいを解消することができず、悩んでいる方が多いということでしょう。

  1. 身近な人には、夫婦の悩みを相談しづらい
  2. 辛すぎる気持ちに共感してもらいたい
  3. 話して、不安感をスッキリさせたい
  4. 夫婦関係修復のために、考えを整理したい
  5. 夫婦関係修復の専門家の意見が聴きたい

そんな皆さまの要望に、とことん寄り添わせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

夫婦関係修復の悩み相談動画「YouTube」

すべてのYouTube動画を見てみる→

夫婦関係修復のための特集ページ

夫婦関係・修復相談事例

すべての相談事例を見てみる→

夫婦関係を修復するためのブログ

夫婦が仲直りする方法を知りたいときは、まずは相談してみませんか?

夫婦が仲直りする方法を知りたいときは、まずは相談してみませんか?

夫婦関係の修復に悩むあなたに
”明日への希望”をご提案します。

「夫婦が仲直りする方法」
「夫婦喧嘩をしない方法」
「夫婦関係 修復する方法」など…。
ネットで検索をして、夫婦関係の修復方法を調べてみる。でも…

『私たち夫婦には、当てはまらないかも…』
離婚するしかないのかな…』
『私が悪いのだろうか…』

そう感じてしまうことはありませんか?

夫婦関係をよくしたいと思って調べたけれど、
辛辣すぎる意見ばかり…。
もう離婚しかないのかな…。
と、さらに憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。


修復できない夫婦関係に希望を

修復できない夫婦関係に希望を

もうこれ以上、友だちや親には、夫婦の悩みを聞いてもらうことはできない…。

そんな時は「悩みを聴いて、解決の糸口を見出す」カウンセラーに悩みを打ち明けてみませんか?
修復できない夫婦の悩みを、気兼ねなく思う存分相談できますよ。

” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

夫婦喧嘩を仲直りに導きたいときは
「聴くプロ」のカウンセラーに

夫婦喧嘩を仲直りに導きたいときは「聴くプロ」のカウンセラーに

ゆっくりと話を聴いてもらい、すべての気持ちを吐き出すことで、3つの効果が生まれると言われています。

  • カタルシス効果 …
    誰かに悩みを打ち明けることで、気分が楽になる効果
  • バディ効果 …
    孤独感から解放される効果
  • アウェアネス効果 …
    自分の考えや感情などの理解が深まることで、頭の中が整理される効果

カウンセラーは「じっくりと話しを聴いて、解決の糸口を見出す専門家」です。
3つの効果を最大限引き出していきながら、

『明日から、こう行動しよう!』
『明日から、こう考えよう!』
『明日から、これを目指そう!』

そんな明日への希望を、持ち帰っていただきたいと、私たちは思っています。

「喧嘩ばかりの夫婦が仲直りする方法【離婚回避】」と同じカテゴリーはこちら