ご予約はこちらから

「妻にうんざり!」夫から離婚宣告されたときの対応方法は?|ことり電話【夫婦カウンセリング】

「妻にうんざり!」夫から離婚宣告されたときの対応方法は?

「もう妻にはうんざり!」離婚宣言されたときの夫の気持ちは?

「もういい加減、うんざりした!」

突然、夫から妻に突きつけられた『離婚』宣言。

その離婚宣言が、夫婦喧嘩をした勢いで発せられた、怒りの大きさを伝えたいがための「離婚宣言」ではなく、悩みに悩み抜いた末に伝えられたひるみのない「離婚宣言」だった場合、事態は深刻になってしまいますよね。

妻にうんざりしてしまい、考え抜いた末に離婚宣言をしたときの夫の決断の裏側では、どんな心理・感情が働いているのかを考えてみたいと思います。

うんざりした夫が離婚宣言!妻の7つの問題

うんざりした夫が離婚宣言!妻の7つの問題

「妻にうんざり」して離婚したいと思うほど思いつめた夫は、表面的に、妻にはどんな問題があると感じているのでしょうか?わたしたちへのご相談の中でよくある、

代表的な7つの問題

をご紹介させていただきます。

    【妻にうんざりしたときの夫婦の問題点】

  • 妻を女性として見れなくなってきた
  • 子供が最優先で、夫である私は5番手以下のような扱いに感じる
  • 家事や育児が大変なのはわかるけれど、妻がいつもイライラをぶつけてくる
  • 子供が生まれてから、スキンシップはもちろん、セックスレス状態が続いている
  • 浮気を疑われて、束縛される。信用されていない
  • そもそも会話がほとんどない…
  • 小遣い制など、生活全体をコントロールされている感じがする

たしかに、上のような問題が長期間続いていると、「妻にうんざり」してしまうこともありますよね。この問題を解消することができれば、離婚問題はいったんは棚上げになる可能性もあるかもしれません。

ただ、表面的に改善されても、その裏に隠された真の問題が残されていた場合、

また別の問題を引き起こしてしまう

こともあるんですよね。そもそも、考えに考え抜いた結論であればあるほど、表面的な解決方法だけでは、ご主人は納得してくれないかもしれませんよね。ですので今回は、もう一段深い層に眠っている問題の1つである

「受け取れない」

問題を取り上げてみたいと思います。さっそく、代表的な7つの問題の裏側に潜んでいる問題を考えてみましょう。

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち①

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち①

1、妻を女性として見れなくなってきた

表面的には、ご主人が奥様への見方を変えてしまっただけなのかも…と、思ってしまいそうですよね。でも実際は、奥様が「妻・女性」の面を出さなくなったからという場合が多いんです。

奥様が「母」の役割に一生懸命になるあまり、夫に「子どもの父」という役割ばかり求めるようになってしまった結果とも言えますよね。(子育て・家事・仕事に一生懸命だから、仕方がないとは思いますが…)

つまり、ご主人が「夫・男性」の立場で、奥様に与えようと思っても、なかなか

受け取ってもらえなかった…

その結果、奥様を「母」としか見れなくなってしまったのかもしれませんね。

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち②

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち②

2、子供が最優先で、夫である私は5番手以下のような扱いに感じる

3、家事や育児が大変なのはわかるけれど、妻がイライラをぶつけてくる

奥様からすると、一生懸命に子育てと家事をしているだけなんだけど…と思いますよね。それは、確かにそうかもしれませんね。ですが、一方で

夫に感情・関心を向けている「余裕がない」

のも確かですよね。すると、子育てと家事(と仕事)が大変なのは、「見ていればわかるでしょ!」「察して、手伝ってよ!」と、どうしても思ってしまうものではないでしょうか。

ただ、よくあるご相談では、ご主人は奥様が大変なのはよくわかっていて、ご主人も一生懸命にフォローをしてくれている場合も多いんです。

ご主人としては、その頑張りを奥様が「受け取ってくれていない」と感じるから、

頑張れば頑張るほど、虚しくなってしまう

その虚しさは、ご主人だけではなく、夫婦がお互いに感じてしまっているのかもしれませんけどね。

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち③

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち③

4、子供が生まれてから、スキンシップはもちろん、セックスレス状態が続いている

セックスレスは、「結果論」であることも多いですよね。上で挙げた①・②の問題がそもそもあって、その結果、自然にセックスレスになっている。それは、

夫婦ふたりの関係性の答え合わせ

のようなものかもしれません。つまり、奥様の「受け取れない」が強くなればなるほど、スキンシップやセックスも受け取れなくなってくる。受け取れるわけがないと、拒否反応を示してしまう場合が多いんですよね。

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち④

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち④

5、浮気を疑われて、束縛される。信用されていない。

奥様に信用されていないと、信用してもらえるように、優しいご主人であればあるほど、頑張りますよね。でも、それでも、いっこうに信じてくれる気配さえ感じられない。

頑として、ご主人からの誠意を「受け取らない」姿勢が続いてしまうと、ご主人の心の糸がプツンッ!と切れてしまうこともありますよね。

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち⑤

「妻にうんざり!」離婚宣言する夫の気持ち⑤

6、会話がほとんどない…

7、小遣い制など、生活全体をコントロールされている感じがする

ご主人の気持ちや意思が、奥様に流れていかない状態だと、気持ちや感情が解放されずに、溜まってしまいますよね。それはある意味「便秘状態」のようなものです。

外に出せないと、体調が悪くなってくるし、なんといっても、スッキリしない。なんとなく人生全体が、重苦しい雰囲気に感じてしまうものですよね。

妻にうんざりしてしまう夫の心境は?

妻にうんざりしてしまう夫の心境は?

つまり、ご主人がボールを投げても投げても、

打ち返してしまっている

状態とも言えるのかもしれません。プロ野球選手のように、打率2~3割のバッターであればまだいいのですが、驚異の天才バッターで、打率8~9割だったら、もう投げることに「うんざり」してしまいますよね。

本当は、打ち返すことを、お休みしてあげたいところですよね。スランプに陥るときがあったり、オフシーズンのように心を休められる期間があればいいのですが、一年中どころか、何年も休みなく、天才バッターを維持できるとなると、我慢の限界が来てしまってもおかしくはないですよね。

では、なぜ「来たボールを打ち返してしまう」のでしょうか?それは、

「自己否定」することで、打ち返すエネルギー溜め続けている

からであることが多いんです。

いわば「自己否定」は、バックスイングやバッターの応援歌(「かっとばせ~!」)のようなものです。力を溜めれば溜めるほど、応援されればされるほど、遠くに飛ばすエネルギーになるんですよね。

うんざりされてしまうのは、視野が狭くなっているから?

うんざりされてしまうのは、視野が狭くなっているから?

でも、誰もが、大なり小なり自己否定する感情は持っていますよね。「こんな自分じゃダメだ!」「もっと頑張らなきゃ!」という気持ちが、人に認められる成果をあげる原動力になるものです。でも、強すぎてしまうと、

受け取り拒否

しがちになってしまいますよね。どんな変化球を投げても、どんなに剛速球を投げても、どんなに優しい球を投げても、打ち返してしまうようになるわけです。

自己否定が強すぎると自分を認められないので、絶対に受け取らないという意思を固めてしまうんですよね。肉体改造して、筋肉隆々の強打者に進化していくんです。

それだけではありません。自己否定が強くなればなるほど、

「周りから見た私の姿」

ばかりが気になってしまうという一面もあるんです。

自己否定とは、常に自分のことを監視している状態ですよね。厳しい対応を取るためには、監視することが必要最低条件になるので、「自己否定」と「監視」は、2つないと動かない「セット品」のようなものなんです。

そうやって「私の姿」が気になりすぎるようになると、当然、ご主人のことは視界に入りづらくなります。意識的に、ご主人のことを見ないようにしているわけではなく、

自分のことで一生懸命すぎて、周りが見えなくなってくる

んです。その結果、「受け取れない問題」が浮上してきてしまうんですよね。

受け取り拒否してしまうだけではなく、そもそも見えていないという側面があるということです。視界に入っていない・気づいていないという問題でもあるんですよね。

目的意識の違いが人生を変える

目的意識の違いが人生を変える

では、どうすれば自己否定を緩めて、受け取れるようになるのでしょうか。打ち返す頻度を少なくできるのでしょうか。ご相談者様の状況によって、様々なアプローチの方法がありますが、今回は

「充実させる」

という視点から考えてみたいと思います。頑張ることを「やめる」のではなく、やりながら「自分らしさを加えていく」ということです。それは、

「3人のレンガ職人」

に通ずる考え方です。かなりの要約となってしまいますが、

  • 「ただの労働」と考えているレンガ積み職人
  • 「家族のため」と考えているレンガ積み職人
  • 「偉大な大聖堂を作っている」と考えているレンガ積み職人

目的意識の違いで、人生が変わってくるというお話ですよね。

自己否定が原動力になっていると、気が進まないけれど「頑張って、なんとかしなきゃ!」という動機になりやすいので、家事・育児(仕事)を「こなす」ことが多くなりますよね。それは、今日のタスクを並べて、1つ1つ、

線で消していくイメージ

です。では、家事・育児(仕事)を「充実させる」とはどういうイメージなのでしょうか。今日のタスクを並べるところまでは同じです。そのタスクを線で消すのではなく、今日はどんなやり方でできたかを、

書き足していくイメージ

です。ただ「する・こなす」のではなく、どんなに小さなことでもいいので、自分なりの「やり方」を毎日加えてみるんです。タスク1つ1つに、自分の意思を注入していくイメージです。

するとどうなるでしょうか?決められたタスクを「なんとかやり切った」ではなく、タスクが「自分のためになった」と感じるようになると思いませんか。

目的意識の違いが人生を変える

目的意識の違いが人生を変える

追われるようにタスクをこなしていると、視界の先にあるのは、タスクだけ。

顕微鏡をのぞき込んでいるような感じ

ですよね。隣の席の人が何をしているのかさえ、まったく見えなくなるわけです。

でも、自分の意思でタスクにのぞむと、何か工夫できないだろうかと、タスク以外にも視野を広げて、アイデアを見つけようとします。顕微鏡ではなく、

度数の合ったメガネをかける

ようなものです。すると、ご主人の言動が視界に入ってくるようになると思いますよ。すぐに、ご主人の言動を受け取れるようにはならないかもしれませんが、まずは「見える」「意識する」ことが大事です。

意識するだけで、すこしずつ「受け取る体制」が整ってくると、私は思いますよ。

ご予約はこちらから

妻にうんざりした夫の気持ちを知るために、
男性カウンセラーに頼ってみませんか?

妻にうんざりした夫の気持ちを知るために、男性カウンセラーに頼ってみませんか?
  • 離婚宣言するにまで至った経緯
  • 夫婦の性格
  • 愛情を感じるポイント
  • 結婚年数
  • 経済状況
  • 家庭の事情

など、状況によって、ご主人との関係を修復していくアプローチは異なるものですよね。

状況によって異なるとはいえ、一番大事なのはやはり「ご主人の気持ち」です。「ご主人の気持ち」が完全に冷めてしまったら、夫婦の修復も難しくなってしまいますよね。

「ご主人の気持ち」を推測しながら、今後の方向性を固めていくためには、男性心理に長けた人に相談してみるのが一番です。

だけど、男性心理に精通した友だちは、周りにはなかなかいないですよね。しかも「夫婦関係の悩み」であり、「離婚危機」の相談は、

友人や親には相談しにくい

ですよね。もしかしたら、離婚を決意しているのであれば、後先関係なく相談しやすいのかもしれません。でも、夫婦関係を修復していきたいと思っているときは、そういうわけにはいきませんよね。

家庭内の事情が表面化してしまうと、人間関係、ひいては夫婦関係においても、後々面倒なことになりかねないでよね。そんなときは、第三者であり、

男性心理に詳しい男性カウンセラー

に相談してみるのがいいのではないでしょうか。

わたしたちは、あなたの気持ちに寄り添いながら、じっくりと丁寧にお話をお聞きしながら、男性心理を読み解き、夫婦関係を修復していく糸口を探していきます。

妻と夫の間にピンッと張りつめた緊張の糸をゆるめていきます

離婚危機に陥っている夫婦の『固く強く、からんでしまった気持ちの糸』が、

水に浮かんだ糸のように、
自然とゆるんでいく

そのお手伝いを、わたしたちにさせていただけませんか。

ことり電話のコンセプト

妻にうんざりしたの夫の気持ちを知るための相談料金

妻にうんざりしたの夫の気持ちを知るための相談料金

\ 財布に優しい /

1分 110円(税込121円)

ご料金・支払方法はこちら

悩みが消えたら何がしたいですか?


    人間関係全般を得意分野としています。

  • 恋愛成就、復縁、片思い、不倫・浮気、婚活、恋愛テクニック
  • 夫婦、家庭、自己肯定感、不安、寂しさ、自己コントロール
  • 仕事のモチベーション維持、職場での人間関係、転職、復職や休職、経営、採用...など
ご予約はこちらから

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、
関係修復の答えをお伝えできることがあります。

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、関係修復の答えをお伝えできることがあります

「ことり電話」は、夫婦でつくったカウンセリングルームです。

1、『夫』と『妻』
2、『男性目線』と『女性目線』
3、『カウンセラー』と『相談者』

わたしたち夫婦は、立場や考え方・価値観が違う2つの目線で、お互いに話し合ってきました。

わたしたち2人の夫婦仲も、もちろん順風満帆だったわけではありません。

  • 夫婦喧嘩を繰り返し、「関係修復」への道が長く閉ざされたり…
  • 男性性が強い夫と、女性性が強い妻で、意思疎通がうまくいかなかったり…
  • 仕事がうまくいかず、経済的に不安定な中、お互いに「罪悪感」を刺激しあったり…
  • 2回つづいた流産に心を痛め、長い不妊治療の末、ようやく子どもを授かったり…
  • お互いに大事にしていることの違いが、勘違いの連鎖を生んでしまったり…

長い長い紆余曲折・離婚の危機を、夫婦2人で乗り越えてきたからこそ、カウンセラーとしての深みも出てきたと感じています。

心理学などの理論も、もちろん大事です。それ以上に、夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、伝えられるパートナーシップの実体験が、話に深みをもたらすのではと、わたしたちは考えています。

離婚危機の相談をしたお客様の声・口コミ

離婚危機の相談をしたお客様の声・口コミ
    離婚危機の相談をしたお客様の声・口コミ

    98.4%

    総合評価: 4.83

  • いつも不安になると先生にお電話してしまいますが、私のまとまりのない話を丁寧にきいてくださり、的確なアドバイスをくださり、先生とお話していくうちに気持ちも整理されていくことを毎回感じております。
    先生のアドバイス通り、彼に感謝の気持ちを伝えたところみるみる会話が元に戻り、帰ってきた彼はニコニコとしていました。そして、感謝を伝えた私もとても晴れやかな気持ちになり、もう少し強く彼を信じよう、自分自身も強くなろう、と改めて思いました。気持ちが弱くなってしまった時、先生のことを頼ってしまうかもしれませんが…
    いつも先生に感謝しております。本当にあたたかい先生だと思います。

    点数評価:
  • 毎度ながら、先生は優しい口調だし本当に話しやすいです!男性の気持ちって中々女性には理解しにくい所が多々ありますが、男性の先生だから男性視点で意見もお伺い出来ますし凄く参考になります!!
    何度も言いますが!!本当に優しい先生だから話してて落ち着くし、そっと背中を押して下さるので、1人で悩んでるなら勇気出してお話しして必ず気持ちが楽になるとクチコミ見て悩んでらっしゃる方に私が背中を押します笑

    点数評価:
  • 夫婦の問題が起き、今どうすべきか、ですごく落ち込んで悩んでいました。先生がとても穏やかで、客観的な意見をくださり、わたしの迷っていたことが、先生のアドバイスをいただくことでそれで「これでいいのか、そのほうがいいのか」と納得でき、とっても気持ちが楽になりました。
    次の行動へ進もうと考えが進んだので、次やることが明確になりました。すごくすごく助かりました。主人と話して解決していけるよう、努力していきます。

    点数評価:
  • 大変気持ちが楽になりました。家族に言うか?同僚か?友達か?兄弟か?Yahoo掲示板など全く当てになりません。かと言って友達にこんな弱音を中々吐けないんです
    今回コチラでお話しを聞いてくださり、大変気持ちが楽に、また前向きになれました。また上手く上の方が先方に話しをして下さり、上手くいったようでした。大変有り難う御座いました、、また是非宜しくお願い致します。
    大変価値あるお時間となりました。

    点数評価:
  • 悩みを話し出した瞬間、今までこらえていた涙も一緒に溢れてしまい、聞き取りづらく、まとまりのない話になってしまったのですが、優しく話に寄り添っていただけました。
    優しく話を聞いてくださり、味方になって言葉をいただいたおかげで、言いたいことをすべて吐き出せましたし、ぼろぼろで、ずっとぴんとはっていた心が癒されました。
    このままだと心身ともにダメになりそうで、心がパンパンで爆発しそうだったのですが、こうして思いをすべて吐き出せてすっきりしました。本当にありがとうございました。

    点数評価:
  • 夫婦関係を相談したすべての口コミを見てみる ➡

妻にうんざりした夫の気持ちを知りたいときは、
やさしさあふれる夫婦関係相談室へ

妻にうんざりした夫の気持ちを知りたいときは、やさしさあふれる夫婦関係相談室へ

離婚宣言された重苦しい雰囲気を、なんとか打開していきたい。

ですが、うんざりして離婚宣言するほど思いつめてしまった夫婦関係です。当事者同士ではなかなか解決策を探し出すのが難しいこともありますよね。その結果、

ひとりで思いつめてしまい

夫婦の関係性がより膠着していってしまうものです。「重苦しい雰囲気」と「過去への執着」と「予期せぬ暴走・暴投」で、地面のコンクリートが固められていく…。そんな離婚への高速道路が、毎日整備されていく感覚かもしれません。

うんざりした夫の気持ちを知るためには。

今、あなたに必要なのは、「ココロの余裕づくり」なのかもしれません。

夫婦関係を修復することに頑張りすぎてしまったあなたの心を、カウンセリングで癒す、やさしさあふれるお悩み相談室です。

    100% あなたの味方ですよ 

  1. 「否定」しません。
  2. 意見を「押し付け」ません。
  3. 「答え」を引き出します。

気持ちに寄り添いつづけます

気持ちに寄り添いつづけます

悩み相談いただく内容で、数多く寄せられるのは「夫婦関係」の悩みです。それだけ、お互いの「正しさ」のぶつかりあいを解消することができず、悩んでいる方が多いということでしょう。

  1. 身近な人には、夫婦の悩みを相談しづらい
  2. 辛すぎる気持ちに共感してもらいたい
  3. 話して、不安感をスッキリさせたい
  4. 夫婦関係修復のために、考えを整理したい
  5. 夫婦関係修復の専門家の意見が聴きたい

そんな皆さまの要望に、とことん寄り添わせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

夫婦の悩み相談動画「YouTube」

すべてのYouTube動画を見てみる ➡

離婚を回避するための夫婦関係の相談事例

夫婦関係を修復するためのブログ

夫婦関係の修復するために、カウンセラーに相談してみませんか?

夫婦関係の修復するために、カウンセラーに相談してみませんか?

夫婦関係の修復に悩むあなたに
”明日への希望”をご提案します。

「離婚回避する方法」
「別居・離婚したくない」
「夫婦関係 修復する方法」など…。
ネットで検索をして、夫婦関係の修復方法を調べてみる。でも…

『私たち夫婦には、当てはまらないかも…』
別居を受け入れるしかないのかな…』
『私だけが悪いのだろうか…』

そう感じてしまうことはありませんか?

夫婦関係をよくしたいと思って調べたけれど、
辛辣すぎる意見ばかり…。
もう離婚しかないのかな…。
と、さらに憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。


修復できない夫婦関係に希望を

修復できない夫婦関係に希望を

もうこれ以上、友だちや親には、夫婦の悩みを聞いてもらうことはできない…。

そんな時は「悩みを聴いて、解決の糸口を見出す」カウンセラーに悩みを打ち明けてみませんか?
修復できない夫婦の悩みを、気兼ねなく思う存分相談できますよ。

” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

離婚回避の相談は
「聴くプロ」のカウンセラーに

離婚回避の相談は「聴くプロ」のカウンセラーに

ゆっくりと話を聴いてもらい、すべての気持ちを吐き出すことで、3つの効果が生まれると言われています。

  • カタルシス効果 …
    誰かに悩みを打ち明けることで、気分が楽になる効果
  • バディ効果 …
    孤独感から解放される効果
  • アウェアネス効果 …
    自分の考えや感情などの理解が深まることで、頭の中が整理される効果

カウンセラーは「じっくりと話しを聴いて、解決の糸口を見出す専門家」です。
3つの効果を最大限引き出していきながら、

『明日から、こう行動しよう!』
『明日から、こう考えよう!』
『明日から、これを目指そう!』

そんな明日への希望を、持ち帰っていただきたいと、私たちは思っています。