ご予約はこちらから

嫁が出て行った後、後悔しているあなたへ|ことり電話【夫婦の悩み相談室】

嫁が出て行った後、後悔しているあなたへ

突然、妻が家を出て行ってしまった…。後悔の念がわきおこる…

家に帰ってくると、テーブルの上には、妻の手書きの「置き手紙」が…。そこには

「実家に行きます。しばらく帰りません。」

と、事務連絡のような文章が。LINEで妻に「なぜ?帰ってきてよ!」と送ろうと、携帯を手にした瞬間、フリーズしてしまった。

追い打ちをかけるように、妻からLINEが送られてきたからだ。

「連絡はしてこないでください」

無機質で、感情のこもっていないその一文を見て、血の気が引く思いがした。

「妻が家を出て行ってしまった…。」突然つきつけられたその現実を受け入れられず、茫然自失状態に。

心当たりがあるようで、ない。つまり、「さっぱり、わからない…」というのが本音。走馬灯のように、ちょっとした衝突・妻の表情・普段の会話・夫婦喧嘩など、過去の出来事が脳裏に蘇ってくる。

「あれだろうか?」「いや、違う」「あのときだろうか?」

思い当たることがありそうでいて、確信は持てない…。でも、まさか、妻が家を出て行ってしまうほどのことをしてしまっていたなんて…。今さらながら、

後悔の念

がわき上がってくるのではないでしょうか。

嫁が出て行った。でも離婚はしたくないと思ったとき

嫁が出て行った。でも離婚はしたくないと思ったとき

降ってわいてきたかのように、突然起きた出来事に、パニック状態になっていないでしょうか。そんなパニック状態の中で浮かんできた思いは、ただ「ひとつ」。

「離婚だけはしたくない!」

「頭」では理解しているつもりだけれど、まるで現実を拒絶するかのように、わたしの「感情」は理解してくれない。心は、頭ほど、簡単に現実を受け入れてくれないものですよね。

そんな状態のときは、感情に突き動かされるように、妻に自分の感情を押しつけてしまいやすいんですよね。

  • 「悪かったから、戻ってきてほしい!」
  • 「ちゃんと話し合おう!」
  • 「〇〇と言ってしまったのは、仕方がなかったんだ!」

そうして自分の思いを伝えても、伝えても、妻からはまったく返信がない…。焦りが感情をざわめかせ、さらに何度も、毎日のように連絡をしてしまうこともあるんですよね。

でも、それは「逆効果」なんです。離婚を回避できるどころか、離婚への道を整備してしまっているようなものです。

今回は、「妻が家を出て行って、離婚したくないときにするべき対処方法」をご紹介してみたいと思います。

嫁が出て行った。その後の対処方法5選

ではさっそく、妻が出て行ってしまったけれど、離婚したくないときにとるべき対処方法・5選をご紹介させていただきます。

離婚したくないとき-1「妻の意思を尊重する」

離婚したくないとき-1

夫婦の間の「価値観の違い」「すれ違い」「不満」などは、どの家庭にもありますよね。そんなときは、話し合いや自分の気持ちを伝える・謝罪などが大切になりますよね。

ただ、「家を出て行く」という妻の決断は、かなり大きな決断です。実家に帰ったのであれば、親の耳にも入ってしまいます。経済的にも負担がありますよね。もし子供がいるようでしたら、子供の発育への影響もあるかもしれません。

そんなリスクをすべて受けいれた上で下した、妻の重大決断なんです。とすると、

  • 「戻ってきてほしい」
  • 「悪かった」
  • 「わからないから、話し合おう」

といった表面的な言葉だけで、すんなり奥様が帰ってきてくれると思うのは、虫が良すぎるのかもしれません。

もちろん、気持ちを伝えることも大切だと思いますが、それはあくまで、脇役であるべきです。それ以上に、

奥様の強い意思を、まずは受け入れる

ことが大事です。

  • 「重大な決断をしなければいけないほど、ひどいことをしてしまったんだね。」
  • 「それほどまでに、不満をため込んでいたんだね。」
  • 「長い間、辛い思いをさせてしまっていたのかもしれないね。」

そんな風に、奥様の気持ちを理解して、受け入れて、決断を尊重するんです。

奥様が家を出て行ったのは、「わたしの辛い気持ちをわかってほしい」からですよね。「夫婦関係の修復は不可能」と考えている場合もありますが、その場合、最初から離婚を迫ってくることが多いのではないでしょうか。

大きくはないかもしれませんが、「わかってほしい」という期待が少し残されている。だからこそ、離婚ではなく、家を出て行くという手段を取った。そういう場合もありますよ。

奥様の気持ちを理解して、受け入れて、決断を尊重することは、

「わたしの気持ちをわかってくれたかも…」

と、奥様に思ってもらうための1ステップとして、とても重要だと思いますよ。奥様の強い意思をまずは受け入れるということは、つまり、

  • 自分の考え・希望を押しつけないこと
  • 話し合いをしようとしないこと
  • 謝罪は最小限にすること

です。そのことを頭に刻み込みましょう。

離婚したくないとき-2「連絡はできるかぎり少なくする」

離婚したくないとき-2

家を出て行った奥様は、夫から

距離を取った

わけですよね。距離を遠ざけたわけです。

ということは、私から連絡を取って、距離を近づけようとすればするほど、離れていってしまうものです。つまり、連絡をすればするほど、返信がまったくなくなるどころか、ブロックされてしまうかもしれません。遠い距離を保とうとしているのですから、当然ですよね。

もし距離を近づけて、連絡したり話し合ったりできる状態であれば、奥様は家を出て行く前に、すでにそうしていたはずではないでしょうか。奥様は、

話し合いを「あきらめた」

んです。同居している状態で、夫にわかってもらうことはムリだと、匙を投げたんですよね。わたしの意志を、夫に伝えるためには、家を出て行くしかないと思ったのではないでしょうか。

距離を取って連絡を最小限にすることは、奥様の意思です。奥様の意思を尊重するためにも、連絡は最小限にとどめることは、とても大切だと思いますよ。

離婚したくないとき-3「自分と向き合うことを優先する」

離婚したくないとき-3

妻が家を出て行くといった非常事態が起こってしまうと、

あなたが悪い

と、自分のすべてを否定された感じがしてしまいますよね。すると、心のどこかで「自分は悪くない」と、無意識に抵抗が始まってしまうものです。

ただ妻の側からすると、埋めることができない大きな不満があったことは、確かなんですよね。その不満を解消して離婚を回避するためには、「原因はなんだったのか」自分と向き合って理解を深めていくしか方法がありません。

不満を感じている妻の考え方を変えようとしてしまうと、妻はさらに

拒否反応を強める

結果となり、離婚へ道を着実に前に進めてしまうことになります。

つまり、原因はなんだったのかを、言葉にして

  • 「外」に出して
  • 「整理」して
  • 「視覚化」して

みる必要があるんです。とにかく過去を思い出し、時系列に並べて、一つ一つの出来事を徹底的に振り返ってみましょう。

離婚したくないとき-4「慢性的な問題があるはず」

離婚したくないとき-4

家を出て行くに至ったが問題が解消されなければ、もし奥様が家に戻ってきたとしても、また夫婦の間で、問題が再燃してしまいますよね。

再燃してしまうと、一度、家を出て行った奥様なんです。今度は「離婚」を迫ってくる可能性が、かなり高くなるのではないでしょうか。ちなみにその問題は、

  • 家族「だけ」
  • 今回「だけ」
  • 奥様に対して「だけ」

で起こった問題なのでしょうか。おそらく、これまでの「仕事」「恋愛」「親」「友人」などの関係でも出てきた、根底ではつながっている根深い問題があるはずなんですよね。

人生において、似たようなことがあらゆる人間関係で起こっている。そんな

慢性的な問題

であることが、ほとんどなんです。

とすると、妻が出て行った問題は、起こるべくして起きた問題と言えるんです。つまり、自分との向き合い方を、夫婦関係にはとどまらせてはいけないんです。

無意識に、ずっと避けてきた問題だったのかもしれません。痛みに触れることは、誰だってイヤなものです。逃げたくなるものです。

奥様が家を出て行ったという出来事が、

自分と向き合うキッカケを作ってもらった

と思うべきなんです。人は、大きな問題と向き合うとき、もう避けることができない「大きな出来事」がどうしても必要なんです。

それが「」なんです。「」、人生がチャンスを与えてくれているんです。だから、「」逃げずに向き合いましょう。

あと何十年も残っているあなたの人生を、輝かしいものに、自分の力で変えていくんです。「今」がチャンスなんですよ。

離婚したくないとき-5「自分と向き合った姿を見せていく」

離婚したくないとき-5

家を出て行った奥様との関係を良好にしていくためには、

自分と向き合った姿を見せていく

ことが大切です。だから、

  • できるだけ早く
  • 話し合う
  • 奥様の気持ちを知る
  • 自分の気持ちを伝える
  • 夫婦の将来像を語る

それらは「後回し」でいいんです。誤解を招くかもしれませんが、「必要ない」のかもしれません。

できれば「数ヶ月」。自分と向き合う時間をしっかりと取りましょう。そして、向き合った結果を、丁寧に奥様に伝えてみましょう。それは、とても苦しい作業かもしれません。

ただ、それはあなたにとっても、人生の大きな実りになると思いますよ。そして、それが家を出て行った

奥様が待ち望んでいる「答え」

だと思いますよ。

離婚回避のために、出て行った妻に対してできること

では、出て行ってしまった妻に対して、できることはないのでしょうか?できることは、それほど多くないかもしれませんが、離婚を回避するために、押さえておきたいポイントを2つ、ご紹介させていただきます。

奥様の生活費をしっかりと早く、払ってあげましょう。

奥様の生活費をしっかりと早く払ってあげましょう。

何の話し合いもなく、突然、妻が家を出て行ったとき、「勝手に出て行ったのだから、自分の生活のことは自分で責任を持ってほしい!」と思ってしまいがちですよね。

奥様に、夫と同じか、それ以上の収入があるのであれば、それでもいいのかもしれません。ただ、専業主婦だったり、パートで収入が心細かったりした場合は特に、夫の方から

  • 「積極的に」
  • 「素早く」
  • 「できれば奥様の想像以上に」

生活費を支払ってあげるべきだと思いますよ。

法律上、一定の生活費を負担するべき義務があることも理由のひとつですが、それ以上に、奥様に対して

誠意を示す絶好の機会

になるからです。奥様に「やり直したい」と思ってもらうためには、経済的な部分でも、心の度量の大きさを示すことが大切です。その貴重なチャンスを逃すのは、もったいないのではないでしょうか。

「出て行かれた」という一時的な感情に左右されるのではなく、生活費を負担する意思を、奥様に

いかに早く伝えられるか

が、離婚を回避できるかどうかの「大きな分かれ目」になるかもしれませんよ。

念のため、離婚届不受理申出をしておきましょう

念のため、離婚届不受理申出をしておきましょう

離婚届は、必要事項を記載して役所に提出すれば、記載内容に不備がなければ、受理されてしまいまうものです。つまり、違法行為とはいえ、出してしまおうと思えば、奥様が

勝手に出せてしまう

ものなんです。役所が審査するのは、離婚届の形式的部分のみで、夫婦双方に実際に「離婚の同意があるかどうか」までは、調べてくれないからです。

「離婚届不受理申出」とは、勝手に離婚届が出されてしまうことがないように、

事前に受理されないようにしておく

ことなんです。勝手に離婚届を出されてしまい、離婚が成立してしまうと、それを取り消すには戸籍を修正する手続きをしなければいけません。家庭裁判所に調停や訴訟を起こす必要があり、大変な手間がかかってしまいます。

離婚したくないという意思を奥様に伝えるためにも、念のため「離婚届不受理申出」の手続きをしておいてもいいのではないでしょうか。

ことり電話のコンセプト

妻が出て行った後、後悔しているときの相談料金

嫁が出て行った後、後悔しているときの相談料金

\ 財布に優しい /

1分 110円(税込121円)

ご料金・支払方法はこちら

悩みが消えたら何がしたいですか?
ご予約はこちらから


    人間関係全般を得意分野としています。

  • 恋愛成就、復縁、片思い、不倫・浮気、婚活、恋愛テクニック
  • 夫婦、家庭、自己肯定感、不安、寂しさ、自己コントロール
  • 仕事のモチベーション維持、職場での人間関係、転職、復職や休職、経営、採用...など
ご予約はこちらから

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、
関係修復の答えをお伝えできることがあります。

夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、関係修復の答えをお伝えできることがあります

「ことり電話」は、夫婦でつくったカウンセリングルームです。

1、『夫』と『妻』
2、『男性目線』と『女性目線』
3、『カウンセラー』と『相談者』

わたしたち夫婦は、立場や考え方・価値観が違う2つの目線で、お互いに話し合ってきました。

わたしたち2人の夫婦仲も、もちろん順風満帆だったわけではありません。

  • 夫婦喧嘩を繰り返し、「関係修復」への道が長く閉ざされたり…
  • 男性性が強い夫と、女性性が強い妻で、意思疎通がうまくいかなかったり…
  • 仕事がうまくいかず、経済的に不安定な中、お互いに「罪悪感」を刺激しあったり…
  • 2回つづいた流産に心を痛め、長い不妊治療の末、ようやく子どもを授かったり…
  • お互いに大事にしていることの違いが、勘違いの連鎖を生んでしまったり…

長い長い紆余曲折・離婚の危機を、夫婦2人で乗り越えてきたからこそ、カウンセラーとしての深みも出てきたと感じています。

心理学などの理論も、もちろん大事です。それ以上に、夫婦で営むカウンセリングルームだからこそ、伝えられるパートナーシップの実体験が、話に深みをもたらすのではと、わたしたちは考えています。

夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ

夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ
    夫婦関係修復の相談をしたお客様の声・口コミ

    98.4%

    総合評価: 4.83

  • いつも不安になると先生にお電話してしまいますが、私のまとまりのない話を丁寧にきいてくださり、的確なアドバイスをくださり、先生とお話していくうちに気持ちも整理されていくことを毎回感じております。
    先生のアドバイス通り、彼に感謝の気持ちを伝えたところみるみる会話が元に戻り、帰ってきた彼はニコニコとしていました。そして、感謝を伝えた私もとても晴れやかな気持ちになり、もう少し強く彼を信じよう、自分自身も強くなろう、と改めて思いました。気持ちが弱くなってしまった時、先生のことを頼ってしまうかもしれませんが…
    いつも先生に感謝しております。本当にあたたかい先生だと思います。

    点数評価:
  • 毎度ながら、先生は優しい口調だし本当に話しやすいです!男性の気持ちって中々女性には理解しにくい所が多々ありますが、男性の先生だから男性視点で意見もお伺い出来ますし凄く参考になります!!
    何度も言いますが!!本当に優しい先生だから話してて落ち着くし、そっと背中を押して下さるので、1人で悩んでるなら勇気出してお話しして必ず気持ちが楽になるとクチコミ見て悩んでらっしゃる方に私が背中を押します笑

    点数評価:
  • 夫婦の問題が起き、今どうすべきか、ですごく落ち込んで悩んでいました。先生がとても穏やかで、客観的な意見をくださり、わたしの迷っていたことが、先生のアドバイスをいただくことでそれで「これでいいのか、そのほうがいいのか」と納得でき、とっても気持ちが楽になりました。
    次の行動へ進もうと考えが進んだので、次やることが明確になりました。すごくすごく助かりました。主人と話して解決していけるよう、努力していきます。

    点数評価:
  • 大変気持ちが楽になりました。家族に言うか?同僚か?友達か?兄弟か?Yahoo掲示板など全く当てになりません。かと言って友達にこんな弱音を中々吐けないんです
    今回コチラでお話しを聞いてくださり、大変気持ちが楽に、また前向きになれました。また上手く上の方が先方に話しをして下さり、上手くいったようでした。大変有り難う御座いました、、また是非宜しくお願い致します。
    大変価値あるお時間となりました。

    点数評価:
  • 悩みを話し出した瞬間、今までこらえていた涙も一緒に溢れてしまい、聞き取りづらく、まとまりのない話になってしまったのですが、優しく話に寄り添っていただけました。
    優しく話を聞いてくださり、味方になって言葉をいただいたおかげで、言いたいことをすべて吐き出せましたし、ぼろぼろで、ずっとぴんとはっていた心が癒されました。
    このままだと心身ともにダメになりそうで、心がパンパンで爆発しそうだったのですが、こうして思いをすべて吐き出せてすっきりしました。本当にありがとうございました。

    点数評価:
  • 夫婦関係を相談したすべての口コミを見てみる ➡

妻が出て行って、後悔しているときは
やさしさあふれる夫婦関係相談室へ

妻が出て行って、後悔しているときはやさしさあふれる夫婦関係相談室へ

突然、家にひとり残されてしまったときの、なんとも言えない悲しい気持ち。家に帰ってきても、

  • いつもの「声」がない…
  • いつもの「灯り」がない…
  • いつもの「にぎわい」がない…

そんな毎日がつづくと、空虚な感覚に襲われてしまいますよね。まるで、感情がこの世から消滅してしまったかのような「冷たさ」「無機質」「無音」にわたしの心は蹂躙されてしまう…。

どうにかして、遠く離れてしまった妻の心を取り戻して、心が通い合えるようにしたい…。そう思っているけれど、一度離れてしまった心を元に戻すのは、なかなか簡単にはいかないものですよね。その結果、

ひとりで思いつめてしまい

さらに妻が距離を取ってしまう行動を、繰り返してしまっていないでしょうか。そんなあなたに必要なのは、

ココロの余裕づくり

なのかもしれませんよ。

夫婦関係を修復することに頑張りすぎてしまったあなたの心を、カウンセリングで癒す、やさしさあふれるお悩み相談室です。

    100% あなたの味方ですよ 

  1. 「否定」しません。
  2. 意見を「押し付け」ません。
  3. 「答え」を引き出します。

気持ちに寄り添いつづけます

気持ちに寄り添いつづけます

悩み相談いただく内容で、数多く寄せられるのは「夫婦関係」の悩みです。それだけ、お互いの「正しさ」のぶつかりあいを解消することができず、悩んでいる方が多いということでしょう。

  1. 身近な人には、夫婦の悩みを相談しづらい
  2. 辛すぎる気持ちに共感してもらいたい
  3. 話して、不安感をスッキリさせたい
  4. 夫婦関係修復のために、考えを整理したい
  5. 夫婦関係修復の専門家の意見が聴きたい

そんな皆さまの要望に、とことん寄り添わせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

夫婦関係の悩み相談動画「YouTube」

すべてのYouTube動画を見てみる ➡

妻が出て行ったときに読みたい相談事例

妻が出て行ったときに役立つブログ

妻が出て行って後悔しているときは、カウンセラーに相談してみませんか?

妻が出て行って後悔しているときは、カウンセラーに相談してみませんか?

夫婦関係の修復に悩むあなたに
”明日への希望”をご提案します。

「別居 辛い」
「別居妻の気持ち」
「夫婦関係 修復する方法」など…。
ネットで検索をして、夫婦関係の修復方法を調べてみる。でも…

『私たち夫婦には、当てはまらないかも…』
別居を受け入れるしかないのかな…』
『私だけが悪いのだろうか…』

そう感じてしまうことはありませんか?

夫婦関係をよくしたいと思って調べたけれど、
辛辣すぎる意見ばかり…。
もう離婚しかないのかな…。
と、さらに憂鬱な気持ちになってしまうこともありますよね。


修復できない夫婦関係に希望を

修復できない夫婦関係に希望を

もうこれ以上、友だちや親には、夫婦の悩みを聞いてもらうことはできない…。

そんな時は「悩みを聴いて、解決の糸口を見出す」カウンセラーに悩みを打ち明けてみませんか?
修復できない夫婦の悩みを、気兼ねなく思う存分相談できますよ。

” 明日への希望 ”につながるご提案をさせていただきます。

妻が出て行ったときの相談は
「聴くプロ」のカウンセラーに

妻が出て行ったときの相談は「聴くプロ」のカウンセラーに

ゆっくりと話を聴いてもらい、すべての気持ちを吐き出すことで、3つの効果が生まれると言われています。

  • カタルシス効果 …
    誰かに悩みを打ち明けることで、気分が楽になる効果
  • バディ効果 …
    孤独感から解放される効果
  • アウェアネス効果 …
    自分の考えや感情などの理解が深まることで、頭の中が整理される効果

カウンセラーは「じっくりと話しを聴いて、解決の糸口を見出す専門家」です。
3つの効果を最大限引き出していきながら、

『明日から、こう行動しよう!』
『明日から、こう考えよう!』
『明日から、これを目指そう!』

そんな明日への希望を、持ち帰っていただきたいと、私たちは思っています。